2007年 06月 08日 ( 1 )

クビシェッキ大統領のもとで、ブラジルは、
経済発展をとげました。
しかしそれは、外国資本の導入によるものであり、
ありていに言えば借金でした。
欧米諸国への農産物輸出の依存から脱却するために、
ブラジルは工業化を目指しました。
その効果はすぐに現れ、工業化は進展しました。
しかし、そのためか1961年ブラジルの資本が上位の企業の実に
六割以上が外資系企業になりました。
また、投資の財源をまかなうため大量に紙幣を
発行したため、ブラジル経済は激しいインフレに悩むことになります。


ブラジル工業化のシンボル、ペトロブラスの海底油田の地図

f0107517_13474794.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2007-06-08 13:49 | 歴史 | Comments(2)


ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30