オスカーピーターソンを偲んで

僕のブログは一応、音楽主体のブログだったので(笑)、
今年の最後に印象に残ったミュージシャンの話題を一つ。
僕が高校生のころ、初めてのモダンジャズはオスカー・ピーターソンでした。彼はカナダ人で、1949年、ノーマン・グランツによってアメリカに紹介されました。ですからヴァーヴレコードからのデヴューです。
抜群のテクニックと音楽性に裏付けられた演奏は、
モダンジャズをあまり聴かない人達にもアピールしました。
彼は非常に多くの作品を残しています。
そんな彼は今年12月23日亡くなりました。
ご冥福をお祈りします。

ブラジルからみでいえばこのアルバムです。邦題が「プリーズ・リクエスト」といい、
これにはコルコバード、イパネマの娘が収録されています。
とても流麗なタッチの演奏ですので、ジャズを聴き始めの人にも良いのではないでしょうか。

f0107517_20392291.jpg

[PR]
Commented by クリントン at 2007-12-31 22:25 x
こんばんは。(^^♪
この音源、名盤ですよね。
ほんとうに優れたアーティストが次々と他界していきます・・・

今年一年ありがとうございました。
また来年、よろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。(^^♪
Commented by caymmi1 at 2008-01-01 01:47
あれ?あ。あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
Commented by とど at 2008-01-01 09:28 x
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
このアルバム、orizururanさんに何の気なしに薦めていた前日に(いや、時差からするとまさにその頃かしら?)、お亡くなりになっていたんですね。某音楽ブロガーさんのところで訃報を知り唖然としました。
ジャズ界がどんどん寂しくなっていきます(ToT)
Commented by caymmi1 at 2008-01-01 11:10
とどさん。あけましておめでとうございます。
ほんとにそうですよね。
でも彼は結構な年でしたから、
短命というわけでもありませんが、でも寂しく
なりますね。
僕はマイルスが亡くなったときは本当にショックでした。
明日、CD屋さんにいってこようかな?
by caymmi1 | 2007-12-31 20:44 | ブラジル音楽 | Comments(4)


ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30