子供のころ

子供のころ、僕はひとり遊びが好きでした。
虫取りと、読書が好きな子供だったんです。
小学一年生だったか、親から「ビビ=ククのゆかいな旅」という
本を買ってもらいました。
どうやら舞台はフランスのようで、ビビ=ククという青年が、子豚といっしょに
放浪の旅をする話だったのだけれど、途中、すももを食べ過ぎてお腹をこわしたり、
料理を手伝ったのはいいが、せっかく作ったソーセージを自分で食べてしまったりする
話がいたく気に入り、それいらい僕は食いしん坊の道をまっしぐらという訳です。
この本、ネットで探しても、あまりヒットしません。
あらすじくらいですね。僕は、素朴なイラストがすごく好きだったんです。
どなたかご存じでしたら、コメント下さい。待ってます。
[PR]
Commented by クリントン at 2007-08-04 08:40 x
私は子供の頃異端児でした。
同年代の子供とは遊ばず、大人とばかり遊んでいました。
Commented by caymmi1 at 2007-08-04 09:42
そうなんですか。小さい頃はみんなそれぞれなんですね。僕はこの頃から旅が大好きになりました。
Commented by さかにゃ。 at 2010-03-29 13:17 x
「ビビククのゆかいな旅」で検索してきました!

私も、小学校の時図書館で読んで、
忘れられない本です。もう一度読みたいです。

悪い大人をだまして、蛙を食べさせる話がありませんでした?
最後は、少し悲しい感じだったような…

知ってる方がいてくださってうれしいです♪
Commented by caymmi1 at 2010-03-30 03:50
コメントありがとうございます。
たしかにそういう話ありましたね。
さだかではないけど、困ったような顔をしたイラストが
あったように思います。
この本のイラストが好きだったんですよ。
たしか多摩市の図書館においてあると思ったのですが、
まだ行ってません。そのうち行こうとは思ってます。
さかにゃさん。これからもよろしくお願いします。
Commented by ちく at 2010-08-21 23:17 x
こんにちは 検索してたどりつきました。
母の蔵書にこの本があり、小さいころから何度も読んでいます。
世界の子どもの本というシリーズの中の一冊にあります。
イラストもとても心に残りますよね。
たぶん、困った顔のイラストは、蛙の調理されたものをみている大人の顔だと思います。
(蛙をお魚だと思い、たくさん捕まえ、ごちそうするぞ!と言ったものの、蛙の食べる部分は足だけなので、ほんの少ししかごちそうがなく、困った顔をしていました)
今はあまり図書館にも置いていないようです。残念です。
Commented by caymmi1 at 2010-08-22 09:29
ちくさん、ありがとうございます!
結構古い記事なんですが、コメントしていただいてありがとう
ございます。
ああ、そうだったんですか、蛙だったんですね?
あのイラストの映像は覚えているんです。
で、フランス語のものはぜんぜんイラストの雰囲気が
違っていてがっかりだったんですよ。
あのイラストは線描だったと思いますが、
秀逸なものだったなあと思いますね。
世界の子供の本のシリーズって偕成社でしたっけ?
なんとか文庫にならないですかねえ。
あ、これからも気が向いたらおこしくださいね。
by caymmi1 | 2007-08-02 22:40 | 雑感 | Comments(6)


ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30