敬愛する歴史家 1

僕がなぜ歴史にひかれるのか。それは、
歴史というもののなかに、いくつも真実があるということです。
唯物史観から見た歴史、近代経済史から見る歴史、戦史のように、
地政学を絡めた歴史、文化人類学から見た歴史などです。
あるいは日本であれば少し乱暴ではありますが、講釈師(講談)
が語る戦記ものなどがあります。
よくhistoryはhis-storyだなんて言います。
本当かどうかはわかりませんが、妙に納得してしまいます。
さて、世界には沢山の歴史学者や作家など、歴史家が沢山います。
今回とりあげるのが、イタリアのユダヤ系の歴史学者である、
Carlo Ginzburg(カルロ・ギンズブルグ)さんです。
1939年トリノ生まれ、長くボローニャ大学で教鞭を取っていましたが、
1988年より米国UCLAで教授をされています。
初めてこの方を知ったのは、「ベナンダンディ」という著作で、
イタリアの農耕儀礼がいかにして魔女の集会儀式とみなされていったか、
というものでした。他にも「チーズと蛆虫」では16世紀の異端審問に現れた、
粉挽き屋の不思議な世界観の研究、ユーラシア大陸のシンデレラなどの、
寓話、神話の中にあるシャーマニズム研究の本である「闇の歴史」などの
書籍を通じてでした。
彼の特徴は歴史の研究に、構造主義の文化人類学的手法を取り入れたことに、
あります。従前の史学では見過ごされていた、神話、寓話を重視し、
異端審問や魔女裁判に現れる供述に見られる儀礼や神話などに注目しました。
彼の研究でもっとも評価されるべきなのは、そのヒューマニズムです。
決して読みやすい本ではありませんが、一度読んでいただければ、
根底に流れる、人類愛が感じられることと思います。
また彼は決して反教会や反キリスト教ではないことです。
そのような教条的な史観とは無縁なところに彼の偉大さがあると、
僕は思っています。



闇の歴史 せりか書房

f0107517_8555652.gif


チーズと蛆虫 みすず書房 イタリアの異端審問に現れた、一介の粉挽き屋が語った
仰天の創世神話です。結局、彼は死刑になりましたが、彼の世界観はキリスト教が
浸透する以前のシャーマン信仰の名残りだとする研究です。

f0107517_858694.jpg

[PR]
Commented by とど at 2007-06-30 11:12 x
異端つながりで、「ネズミの破門」という文章から着想を得た記事(実は、来年の年賀状のネタバレ・エントリー/苦笑)をTBしようとしましたが、またしても上手くいきませんでした(泣)。

それは置いておいて、私は、大学は肩書きとしては政治学専攻で卒業したのですが、大学の3年の春までは社会学専攻で卒業するつもりで、そのように履修計画も進めていました。(通年の社会学調査法も2年時に履修。)
しかし、3年で社会学理論を体系的に学ぶ必修科目で挫折し(かけもちの病院通いもあって)、結果的に比較的履修に縛りの少ない政治学へと日和見的に流れ着いたのでした。
なので、社会学入門で学んだ「構造・機能理論」とレヴィ・ストロースの構造主義の違いすらよく分かっていません。(というか、レヴィ・ストロース、読んでません。恥)

だんだん支離滅裂になってきましたが、つまり「面白そうだなぁ…」と思う反面、遅読・意識散漫の私には手強そうだなぁ…という感想です。要領よく読むことができないんですよ。端々にとらわれちゃって。

でも、こういうものを折に触れて紹介していただけるのは為になります。
Commented by caymmi1 at 2007-06-30 11:55
ええと、僕も構造主義については遅々として進んではいません。20年前、レヴィ・ストロースの野生の思考を少しずつ読んではいます。フランス現代思想は、わかりにくいなあ。こういう本は周辺にある解説書などからよんだほうが良いかもしれませんね。とにかく一度は読み飛ばしてしまうことは大事です。なに何回でも読めば良いのですよ。少し読んで、飽きたら止めて、また読んでの繰り返しですよ(笑)。気楽にいきましょう。
Commented by yas at 2007-06-30 20:29 x
えんたつさんは、本当になんでも知ってますね。勉強になります。ワタクシも歴史(日本史、しかも山内一豊)に興味があって、山内一豊の関連本を買って、一応は読みましたが、ちんぷんかんぷんな所が約80%もあります(笑)
もう一度、司馬遼太郎から読み直します(爆)
さてさて、ワタクシは仕事がお休みだったので、山寺に行って来ました。ブログにも書きましたが、「フォトアルバム」というコーナーがありますので、よかったら見てやって下さい。m(_ _"m)
Commented by caymmi1 at 2007-06-30 21:00
あー、そうですか。山内一豊ですか、面白そうですね。こんど調べてみようかな?ところで山寺ですか、あとで見に行きますね。
Commented by とど at 2007-07-26 11:27 x
先日来失敗していたTB、うまくいきました♪
最近はお忙しそうですね。お元気ですか?
私は日曜辺りは熱で寝込んでましたが、今はすっかりよくなりました。
Commented by caymmi1 at 2007-07-27 01:11
とどさんへ。忙しいというか、ちょいとスランプ気味でした。徳川家康の記事を書くのに、何冊か本を読んだり、下書きをしていたらなかなかまとまらなくて書けませんでした。軽い気持ちで釣り糸をたらしたらカジキマグロがかかったという、そんな感じです。
by caymmi1 | 2007-06-30 09:10 | 雑感 | Comments(6)


ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31