ELENCOレーベルについて。

このブログをご覧になっている皆さんは、
もうELENCOというレーベルはご存知だと思います。
そしてボサノヴァと深い関わりがあります。
ELENCOとはALOYSIO DE OLIVEIRAという人が創設しました。
ALOYSIOはもともとミュージシャンでした。
カルメン・ミランダという歌手をご存知でしょうか。
1940年代アメリカで大流行したブラジル出身の歌手です。
彼女のバックバンドで「バンダ・ルア」の一員でした。
しかしカルメン・ミランダが1955年アメリカで亡くなります。
当然バンダ・ルアは解散し、ALOYIO(アロイージオ)はブラジルへ帰国し、
ODEON(ヲデオン)に入社します。
そして「想いあふれて」(ジョアン・ジルベルト)を会社の反対を押し切り、
プロデュースします。そしてこれは大ヒットとなり、ボサノバの誕生になるわけです。
ここでもうひとつ、あのトム・ジョビンが同じ会社にいたのです!
奇遇ですね。
1963年にアロイージオは独立して、ELENCOと言うレーベルを立ち上げます。
そこで、ナナ・カイミ、エデゥ・ロボ、MPB4、クアルテート・エン・シーなどの
素晴らしいミュージシャンを発掘します。
しかし時代は軍政の締め付けがきびしくなり、
ボサノヴァは社会に受け入れにくくなり、1967年フィリップスに買収され、
消滅しました。
そしてブラジル音楽は「トロピカリスモ運動」の時代に移行して行きます。
しかしその音源はまさに宝ですね。


エレンコのロゴマーク
f0107517_12592438.gif


ジョビンのジャケット アートワークが素晴らしい。

f0107517_1312779.jpg

[PR]
Commented by クリントン at 2006-11-27 14:51 x
復刻版のCDを何枚か持っています。
珠玉の音源ですね。
Commented by caymmi1 at 2006-11-27 17:30
ボサノヴァのファンにとっては宝の山ですね。全てのタイトルとは言いませんが、欲しいですよね。
Commented by ワーテルロー at 2006-11-28 01:13 x
ども、お誘いに乗ってやってきました。(汗)
で、拝見いたしましたが、深い!ディープですね。(悪い意味ではありません。)
自分は節操なくいろんな音楽を聴く人なので、良い曲なら、言語やジャンルを問わず、で、その中にシモーネ モレーノとかがあったりした訳です。(汗)
ですから、知識の浅い自分には、えんたつさんのブログは教科書みたいな感じです。(これも悪い意味ではありません。)
という訳で、たまに勉強しにやってきまーす。(笑)

あっ、ちなみにスウェーデンボッサのアゴラとかも好きです。
あと、得意分野(比較的)は、イタリアンポップスと(普通に?)ヘビーメタルだったりします。(笑)
Commented by caymmi1 at 2006-11-28 03:32
ようこそ!ワーテルローさん。そういえば昔、スェーデンの方(来日されてた)と、かたことの英語で話したことがあり、この方はスェーデンでサンバをやっている方で、あちらもまさか日本でサンバなどブラジル音楽のファンがいると思っておらず、両方でびっくりしていました。このブログもブラジルに限定せず、色々な音楽をとりあげたいと思っています。ワーテルローさんも面白い音楽を紹介してくださいね。またお越しくださいね。
by caymmi1 | 2006-11-27 13:04 | ブラジル音楽 | Comments(4)


ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30