素晴らしきサンバの仲間たち1

f0107517_1714577.jpg「素晴らしきサンバの仲間たち」(encontro com a velha guarda)は僕にとって「サンバ・ブラジル音楽」入門となったLPです。リオのカルナヴァルは「エスコーラ・ジ・サンバ」と言う組織が中心になってパレードが行われるのですが、直訳すると「サンバ学校」になります。しかし学校ではありません。俗に四大エスコーラ(マンゲイラ、ポルテーラ、インペリオ・セハーノ、サルゲイロ)なんて言います。ただ1番最初に出来たエスコーラは「デイシャ・ファラール」で、創設者はイズマエール・シルヴァです。このレコードのA面の4曲目INGRATIDÃO(恩知らず)を歌っています。彼は1978年に亡くなっていますので、最晩年の録音では無いでしょうか。(本LPは1976年録音)
A面
1.SAUDADE DO PASSAD : Mano Décio da Viola(ノスタルジア)
2.SALÁRIO MÍNIMO : Hernani de Alvarenga(こんな暮らし)
3.FELIZ É QUEM SABE ESPERAR
:Noel Rosa de Oliveira(幸せを信じて)
4.INEGRATIDÃO : Ismael Silva(恩知らず)
5.CLARA DE ÔVO :Walter Rosa(玉子の白身)
B面
1.É POR AQUI :Walter Rosa(運命)
2.JUIZO FINAL : Nelson Cavaquinho(最後の審判)
3.CONCORSO PARA ENFARTE
:Oswaldo dos Santos(大食いコンクール)
4.EU VOU SORRIR :Iracy Serra(笑ってやるよ)
5.RELÍQUIAS DA BAHIA :Pelado da Mangueira(素晴らしいバイーア)
この中で、僕はA面のSAUDADE DO PASSADOとFELIZ É QUEM SABE ESPERARが好きです。尚、マノ・デシオ・ダ・ヴィオーラは「インペリオ・セハーノ」のサンビスタでギターがうまかったのでヴィオーラと言うあだ名がついたそうです。ノエル・ホーザ・ジ・オリヴェイラはあの有名な作曲家ノエル・ホーザとは別人で、サルゲイロのサンビスタで作曲家です。尚このLPはCDになっており、株オーマガトキからリリースされています。お近くの新星堂で入手可能です。では次回は先ほどの2曲の詩の対訳を掲載したいと思います。ではまた。
[PR]
by caymmi1 | 2006-05-16 20:09 | ブラジル音楽 | Comments(5)
Commented by maxi at 2006-05-17 17:58 x
えんたつさんはヴェーリャ・グアルダってどういう風に訳してます?
「老目付け」とか「お目付け老人」とかそんな感じかなぁ。
かのマリーザ・モンチのお父さんは確かポルテーラの役員だったんですよね。ちゃんと伝統と繋がっているところが彼女らしいというか。
Commented by caymmi1 at 2006-05-17 18:24
maxiさんへ そうですね、「お目付役」と言った所ですが、実際にはかなり曖昧で、ネルソン・カヴァキーニョなんかはマンゲイラの正式のメンバーでは無かったようですね。maxiさんの言う通り「お目付老人」の方がぴったりですね。
Commented by クリントン at 2006-05-17 20:36 x
貴重な情報ありがとうございます。
CD化されているんですね、今度新星堂に行ったらチェックしてみます。(^^♪
Commented by uota at 2006-05-20 18:28 x
ブログ開設おめでとうございます。
私もこのレコードもっています。久しぶりに棚から出して聴きました。
ライナーノーツのメモを見ると友達からの誕生日プレゼントだったようです。
いい音楽ですね。あらためて聞きほれました。
Commented by caymmi1 at 2006-05-20 18:49
uotaさんへ まだまだ未熟者ですが、どうぞ宜しくお願いします。本当は本も写真も好きなので、一応ブラジル音楽のブログなんですが何でも有りと言う事になりそうです。
<< 素晴らしきサンバの仲間たち2 初めまして。 >>