東慶寺

北鎌倉に梅を撮りに行きました。
東慶寺というのは尼寺ですが、いわゆる「駆け込み寺」で、
江戸時代、離婚を望む女性たちの救済機関でした。
当時は江戸よりわざわざここに来た女性たちも少なくなかったということです。
しかし女性が駆け込んでもすぐには寺にはいれず、
男性の言い分も聞いてから男性が「三行半」を書けば離婚が成立したそうです。
また離婚の調停機関としての役割もあり、
和解して引き続き結婚生活を営んだ女性も多かったということです。

f0107517_18591059.jpg


f0107517_18594542.jpg


f0107517_190733.jpg


f0107517_1911397.jpg


まだまだ寒いですが、一足先の春といったところでしょうか。

あ、近くの陶器店のショウウィンドウに雛人形が飾ってありましたよ。

f0107517_2053641.jpg


早く春がこないですかねえ。
[PR]
Commented by とど at 2011-01-23 12:04 x
愛らしい雛人形ですね♪ 表情がイイし、お着物も渋くて素敵です(^_^)
Commented by ぱせり at 2011-01-23 18:47 x
春 もう 来てるじゃないですかー! 水仙がきれいですよ☆
駆け込み寺…ココに駆け込める女性は それなりにお金を持った女性だったとか聞きました。調停などで日数がかかる場合その間の滞在費
(食費)は払うものだったとか…。 ^^;> 
今も昔も 女性はツライかもですねー… ^^;>

お雛様 立春過ぎたら飾ります☆ 
Commented by caymmi1 at 2011-01-24 14:58
とどさんへ。
ちゃんとした雛人形より、僕はこういう人形が好きなんですよ。
それにしてもここの陶器店(というよりお土産店)はセンスがあってとても好きなんですよね。鎌倉にお越しのせつは是非たちよってみて下さい。北鎌倉駅からすぐの「明月堂」というお店です。去年もここの店の写真を撮りましたよ。
Commented by caymmi1 at 2011-01-24 15:04
ぱせりさんへ。
ほんと今も昔も女性は大変ですよね。もう今の東慶寺は尼寺ではありませんが、全体に優しい雰囲気が漂っています。
それにしても関東ではここともう一か寺群馬かどこかのお寺しかありませんでした。江戸の女性たちは、はるばるここまでやってきたのですよね。今も昔も女性の苦労は絶えないと思います。
by caymmi1 | 2011-01-21 20:47 | 花 風景 旅 美術 | Comments(4)


ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30