プロレスと写真とボサノヴァと

はなさん
ブログで、プロレスリングノア
前社長の三沢光晴さんのお別れ会のエントリーを読んで、
僕のおじさんのことを思い出しました。
そのおじさんは、僕の母の兄で、生きていたらもうとっくに100歳を超しています。
おじさんは鹿児島の指宿で写真館を経営していました。
僕が中学生のころ、
そのおじさんに写真を習ったのです。(しかもカメラを買ってくれました。)
そのときに、

1写真は鉄砲と同じ。集中して引き金をひくようにシャッターを切れ!いつも獲物を
 狙うような目を持っていろ。

2音楽はこれを聴け!まだ早いだろうが、「キャノンボールズ ボサノヴァ」のジャケットを
 とりだして聴かせてくれた。そのとき別なレコードのジャケットのコパカバーナにいる女性
 の水着の写真を見せられる。(ちなみにこの後、おじさんは奥さんに怒られていました。)

3プロレスをみなさい!このショウの感覚を忘れるな!またこのユーモア感覚を
 写真の作画にいかすことだ。

ということを教わりました。どうも僕に期待していたらしく、撮影旅行にも
連れて行ってもらいました。そのときにカメラの構え方を教わったのですが、
まるで弓道のようでしたね。曰く足は常に肩幅にしろ。
一発必中の心構えでシャッターを切れ!
ひじを締めろ!腰のふらつきはシャッターぶれを招く!
ピンぼけはしかたないが、ブレてはいけない!
などなど教わりました。
その教えてくれたおじさんは、さかんにプロレスを見ろと言っていました。
そのときも音楽と写真とプロレスは関係があると言っていました。
もうずいぶんまえに亡くなってしまいましたが、
その発言はきにかかっています。
二代目タイガーマスクとして活躍された三沢さん、ご冥福をお祈りします。


f0107517_4485394.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2009-07-08 04:49 | 雑感 | Comments(4)
Commented by まつひろ at 2009-07-09 20:14 x
キャノンボールのこのCD大大大好きです!!!!!!!!!
キャノンボールLOVE!!!!!!!!!!!!
Commented by caymmi1 at 2009-07-10 08:00
はじめまして。
このCD良いですね。キャノンボールの
名盤だと思いますよ。
Commented by はな at 2009-07-13 19:18 x
あ!!記事に触れていただき、恐縮です。
そのおじさまのおっしゃる事、わかるよう思います。
写真の世界にはうといのですが、音楽とプロレスには、
確かに、通じるものがあるように思います。

プロレスと言っても、いろんなレスラーがいますが、
三沢のプロレスは、
相手の得意技を受けてやる優しさがありましたね・・・。
普通は、あそこまでは受けないです。
三沢は受身をとれるように、並々ならない練習をしたそうです。

受ける事で、盛り上げ、見せ場を作り、
試合全体のドラマを作っていたように思います。
また、相手に技をしかける際には、優しさも
感じられました。あまりひどい落し方は滅多にしませんでした。
まさに、音楽そのものだと思いますねぇ・・・。

ああ、練習しなきゃ。
Commented by caymmi1 at 2009-07-16 02:48
はなさんへ。
ほんとプロレスについては、
教えられることが多くて、
勉強になりますね。
こないだ、P-RAZILに新人が入ったのですが、
いざ教える段になってはじめて、
自分の演奏(といっても叩くだけですが。)が
なにをやっているか考えました。
練習も漫然とやっていてはダメなんだなあと
つくづく思いました。
僕も練習せねば!
<< 少し怖い話 点描 他 >>