正月の料理

皆様、お正月休みも終わりまして、ただいま仙台より
東京へ帰って参りました。
今年のお正月は、小豆(粒あん)黒豆、おでん、豚の角煮、鶏の照り焼き、
鶏ガラスープ、筑前煮、鯛の昆布しめ、鯛の兜煮、海老の天婦羅、
かき揚げ、喜多方風ラーメン、タイ風イエローカレー、茶わん蒸し、
海老風味の吸い物、五目寿司を作りました。
疲れたー。
でも黒豆は美味しかったです。
これは2日がかりでした。
今回は砂糖を一番最後に入れました。

先ず黒豆を水に浸しておきます。
水を吸って膨らんだ黒豆を茹でます。
煮立ったらすぐ火から下ろします。
そのまま5〜6時間、汁に浸します。
火にかけさし水をしながら豆が柔らかくなるまで煮ます。
充分やわらくなったら、砂糖を入れますが、
いっぺんに入れるとしわがよってしまうので、
三回くらいに分けて入れると良いでしょう。
あ、重曹は入れない方が良いみたいです。
あと、僕は酒を1合くらい入れます。
すこしくらいしわになっても気にしないで、
食べてしまいます。


f0107517_1105311.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2009-01-06 01:11 | 日々のおかず、料理 | Comments(8)
Commented by とど at 2009-01-06 16:45 x
凄いご馳走のオンパレード\(◎o◎)/!
えんたつさんのご家族は幸せだなぁ…!
Commented by caymmi1 at 2009-01-06 20:10
とどさんへ。
こう書くとすごいようなんですが、実際には
たいしたことはないんです。
普段、自炊で大した料理はしてませんので、
こういう時に頑張ってしまいます。
4日の日に料理を三種類つくったら、朝6時〜昼までかかってしまい、さすがに家人から、「もうゆっくりしたら?」
といわれてしまいました。
すこし反省です。
やりすぎは良くないですね。
Commented by クリントン at 2009-01-06 20:38 x
あけましておめでとうございます。(^^♪
今年もよろしくお願い申し上げます。

その料理は全部ご自分が作られたんですか?
そうだとしたら、えんたつさんは小料理屋さんを
出せれた方が良いと思いますよ。
Commented by caymmi1 at 2009-01-06 21:37
あけましておめでとうございます。
ほめていただいてありがとうございます。
実際には大した事はないんです。
ただ、レシピだけは頭に入っており、
作るのは本当に好きです。
悪のりして、ボサノヴァを流しながら、
鯛の昆布しめなんて出したら面白いかな?
なんて考えちゃいます。
Commented by はな at 2009-01-07 12:49 x
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

お節も、お作りになられるのですか?
すごいですね~。
料理は、右脳を使うらしいですね。

料理を作るのは、嫌いではありませんが、
お節は、一度たりとも作った事がありません・・・。
難しそうで、、、、、、

今年は、実家に帰って、牛になって帰りました。
モー、ブヨブヨです。(泣)
Commented by ぱせり at 2009-01-07 21:05 x
こんばんは☆さすがです♪
なかなか お料理を作る男性はポイント高いです♪
知り合いで お漬物各種を作る男性が居ますが(もちろん、一般的なお料理もできます) 感心&尊敬☆です☆

普通の男性て…作れないのに あれこれ口を出しますよね???
 そうすると作る側(この場合の女性)は カチン☆と 来ちゃう訳です (笑) そこいくと料理の出来る男性は 口も手も出すんでしょうけれど…料理の大変さ~片付け までわかってくれるでしょうし。
もし、奥さんや彼女が病気なりで静養や入院しても 心強いですよね~j☆ 私の田舎には 未だに『男子厨房に入らず』的考えの方も多く居て…『料理???なんぬも作っだごどねーっちゃや 笑』と言うのを自慢(?)してる方も 多いですよ。
そういうの、若い男性には見習ってほしく無いですね…苦笑^^

えんたつさんの 爪のアカでも 飲んでいただきたいです☆
長くなりました…ごめんなさ~い

ちなみに…私は 小さい頃から今まで、正式な(?)おせち料理と言うものを食べたり見たりしたことが 一度もありません…汗
コレでイイのだろうか…嗚呼  汗
Commented by caymmi1 at 2009-01-07 21:44
はなさんへ。
今年もよろしくお願いします。
ところで、おせち料理は、手間はかかりますが、
さほど難しくはありません。
うーんどうなんだろう?うちの場合は息子が黒豆や茶わん蒸しが好きなんですよね。
家族が好きだとやはり作りますね。
特に豆を煮ている時は、無心になれるので
ストレス解消になりますね。
Commented by caymmi1 at 2009-01-07 22:13
ぱせりさんへ。
僕の場合、子供が小さい頃、妻が入院したことが
料理をするきっかけでした。
子供は魚や煮物が好きだったので、ファミリーレストランなどには行ったことがほとんどなく、
魚の塩焼き、刺身が大好きなんです。
そうなるとお惣菜より、自分で作ったもののほうが食べるようになりました。
ある時、藤崎デパートに鰯の鮮度の良いものが
安く売っていました。
20尾ほど買い求めて、タタキを初めて自分で作ってみました。息子はとても気に入り、
それから魚は自分でおろすようになり、あらも料理なり、それもまた喜んで食べてくれました。
それとその当時、光ディスクの開発をやっていて、ストレスがたまっていたというのもありましたね。料理はなにかしら結果がでます。
当時の仕事は実験のデーターをえんえん取ってばっかりいましたので、もどかしさはありました。それと料理を生産管理的に考える楽しさが
ありました。
おせち料理も子供や家族が好きだったので、
作るようになりましたね。
それと最近は子供の友人が家に遊びに来て、
その友人たちに食べさせるのが楽しみになりました。
そんな訳で、今度は少しお菓子を作ってみようか
と思っています。
<< トンコとおれの冒険 第二話 変... 明けましておめでとうございます。 >>