かけがえのない福島県

あちらこちらで福島県に対するニュースを聞くことがありますが、
どうもマイナスなイメージがつきまとい、大変残念なことです。

以前、僕は大学で合唱団をやっていたのですが、福島県の高校
や中学の合唱団のレベルは大変に高いと思っていました。
しかし、それはあくまで学校の音楽のレベルの中でということだろう
と思っていたのですが、今回調べてみて認識を新たにしました。



曲はモーツアルトの「ミサ ブレヴィス」のkyrieですが、弦楽合奏団も郡山二中の
生徒さんです。演奏を聴いていただけばお分かりになるかと思いますが、
これはもう世界的なレベルの演奏だと僕は思います。

郡山二中は公立の普通の中学校です。特別な生徒さんが集まってくるわけでは
ないと思います。指導の先生、生徒さんの音楽に対する識見の高さ、情熱がこの
演奏に現れていますね。

どうか福島県の罹災地が復興しますようにと祈っております。
また東北、関東だけではなく、今回の台風の被害も甚大なものです。
あわせて復興への願い、お祈り申し上げます。
[PR]
by caymmi1 | 2011-09-22 02:21 | 音楽一般

中秋の明月

さて、もうとっくに過ぎてしまったのだけど、
13日はいわゆる「中秋の明月」でした。
なんだか毎日暑くて実感がわかないのですが、
それでも季節は巡って来ますね。

f0107517_16541775.jpg


超望遠でISO感度を一杯に上げて手持ちでなんとか撮影できました。
なんだかそしたら普通の天体写真みたいになっちゃいましたけど(笑)。

秋かあ〜、あれですね芋煮会をやらないと!
[PR]
by caymmi1 | 2011-09-16 16:59 | 雑感

無伴奏

もう20年以上も昔、仙台の東北電力ビルの
裏?の方だったか、バロック音楽を流している喫茶店
がありました。

で、突然思い出したのが、その喫茶店では流れる音楽の
曲名と演奏者を黒板に書いてあるのですが、
「アル・デラー、グリーンスリーブス」とあったことです。
youtubeで探してみました。アル・デラーでは無くて、アルフレッド・デラーでした。



彼はカウンターテノールという種類の声楽家です。
なぜ突然思い出したのか分からないのですが、この「greensleeves」は、
ヘンリー8世が、その不倫相手で後にお妃になる「アン・ブーリン」のために
作曲したのだという説があるんだそうです。
「1000日のアン」という映画がありましたね。

ヘンリー8世はスペインからお嫁に来た「キャサリン」と離婚しますが、
それが原因でローマ教皇から破門されてしまいます。カソリックは離婚を認めていないからです。
ヘンリー8世は独自に「英国国教会」(聖公会)を設立して、カソリックとは決別してしまいます。

アンはその後ヘンリー8世の子供を産みますが、エリザベスという娘でした。
男の子が欲しかったヘンリー8世の関心は別な女性に向かってしまい、
アンが邪魔になりました。

アンは姦通罪の罪を着せられ、ヘンリー8世との婚姻を無効にすれば自由の身にするという
提案を断り、アンは処刑されてしまいます。しかし、アンの娘であるエリザベスは王の庶子という
地位を得たのです。まあなんとも勝手すぎる話ですね。

「greensleeves」とは「売春婦」のことを指すといいます。アンのことを暗示しているとか。
当時の演奏スタイルです。リュート版ですね。


「greensleeves」はJAZZでも演奏していますよ。



ジョン・コルトレーンの演奏が代表的ですね。僕は一番好きです。
無伴奏の話から遠くそれてしまいましたね。
[PR]
by caymmi1 | 2011-09-11 17:16 | 音楽一般

本日は久々に鎌倉の由比ケ浜商店街に出かけてみました。
ギャラリーやら小物屋さんの中に、
さほど高価な物を扱っている訳ではないのですが、
とても気をひかれたショウウィンドウがありました。
 
店の名前は伏せておきますが、こんな感じです。
(画像は少し加工してあります。)

f0107517_16412277.jpg


f0107517_16414725.jpg


f0107517_16421071.jpg


f0107517_16423057.jpg


f0107517_16433224.jpg


もちろん自分で買う訳ではないのですが、少年時代姉や母のアクセサリーボックス
をこっそり見た記憶が蘇るのです。
思春期の甘酸っぱい思い出とともに。

あ、僕はいたってノーマルですよ(笑)。
倒錯したような趣味はありませんので。
[PR]
by caymmi1 | 2011-09-08 17:22 | 花 風景 旅 美術

アニメ。

独立系U局で放映されている「異国迷路のクロワーゼ」
というアニメを見ました。
元々は武田日向さん作、月刊ドラゴンエイジ連載の「異国迷路のクロワーゼ」
をアニメ化したのものだそうです。

物語は19世紀のパリが舞台で、長崎からやってきた少女「湯音」
が鉄工芸店(看板屋)で奉公をするという話なのです。
まず、とても品位のある画作りが気に入りました。

それとオープニングの音楽が良いですね。
7月に平塚美術館で「花ひらくエコール ド パリの画家たち」と
いう展覧会を見に行った影響もあるのでしょうか?
ちょっとひかれてしまいました。



なんとなく旅行したくなりましたよ(笑)。
[PR]
by caymmi1 | 2011-09-05 17:59 | 雑感

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30