ドビッシーはいかが?

8月もうおしまい。といってもまだまだ暑いのですが、
空も高くなって来たし、夜になるとどこからか虫の声も聞かれるように
なりました。
今日は少し気分を変えてピアノ曲をupしてみましょう。
ドビッシーなんかいかがですか?



サンソン フランソワのものを探してみました。やはりぴったりな感じです。
[PR]
by caymmi1 | 2011-08-29 21:54 | 音楽一般

古い話で申し訳ないのですが、
1939年から1950年にかけてハリウッドで歌手、女優として
活躍したCarmen Miranda(カルメン ミランダ)という人がいました。

アメリカでのブラジルのイメージを定着させた代表的な女性です。
たとえば1940年のハリウッド映画のシーンです。


Mamãe Eu Queroという赤ちゃんがテーマのコミカルな曲なんですが、
その当時アメリカでヒットしたらしく、なんとトムとジェリーにも登場しています。
1943年の作品。(昭和18年)。
(Mama yo queiroと表記されていますが、これはスペイン語のようです。)


実はアメリカでこういうブラジルものが出回ったのは訳があります。
このトムとジェリーは1940年、ハンナとバーベラによって製作されましたが
実は子供むけではなく社会批評や時によってはプロパガンダに利用された
節があったようです。アメリカは日系人が多く住みその当時太平洋戦争前夜
でしたのでアメリカ人にブラジルへの関心を高めるためこのような文化政策をとったと
言うのです。
まあしかしその政策は成功したのかどうかは分かりませんが、当時のアメリカは
ずいぶん豊かだったのですねえ。
[PR]
by caymmi1 | 2011-08-26 21:11 | ブラジル音楽

DEODATO(デオダート)

さて、ボサノヴァとは言いがたいのですが、
DEODATO(デオダート)も素晴らしい演奏家であり、
編曲家です。
1964年から1972年までブラジルでODEONなどで数枚の
アルバムを出していますが、1972年にアメリカはCTIレーベルから
"PRELUDE"というアルバムをリリースします。
まだフュージョンなどという言葉もない時代に、
このデオダートの感覚は新鮮でした。

デオダートはミルトン ナシメントやトム ジョビンのアレンジャーとして
アルバムの製作に携わりました。
うろ覚えなんですがデオダートは建築の勉強をしていて、
音楽は独学だったと記憶しています。

今回はCarly & Caroleという曲をupします。
この曲はある人に教わったのですが、名曲だと思います。



ボサノヴァではないのですが、たまにこういう曲も良いですね。
[PR]
by caymmi1 | 2011-08-23 20:55 | ブラジル音楽

もう8月の半ばを過ぎてしまいました。
高校野球もまっさかりですね。
野球といえば、こんな話を聞いたことがあります。

子供達に「野球をやろう!」と声をかけると、
アメリカの子供達は一斉にバットを持って集まり、
日本の子供達はグラブを持って集まるのだそうです。
アメリカは野球を「打つもの、攻撃するもの」と捉え、
日本の子供達は「受けるもの、守るもの」と捉えているんだそうです。
最近変わりましたが日本はボールカウントがSBOだったですよね。
そしてアメリカではBSO。つまりボールが頭にくるわけです。

日本の高校野球では、エースピッチャーがいかに相手の打線を封じるか、
味方の得点を守りきり9回まで勝ち抜くか。
がやはり勝負のみどころとなるのではないでしょうか?

これがたとえば乱打戦となり、ピッチャーが何人も変わるような試合では、
「大味な試合」と論評されるのでしょうね。
じりじりと暑い甲子園のマウンドに若者が立ち、真剣なまなざしで
打者と対峙する。
息を飲んで応援団や観客はそれを見つめている。
中には目を閉じて祈っているように見える人もいる。
次の瞬間、打者のバットが空をきり、アナウンサーが「空振り三振!」と叫び
解説者が「今のは良いボールでした。これは打てないでしょう!」
とまあこんな感じで試合は進められていくわけですね。
あらら、今日はRosa Passos(ホーザ パッソス)のことを書く予定でしたが、
余談が長過ぎました。

ホーザ パッソスは女性版ジョアン ジルベルトと言われている人で、
曲作りは割とモダンなのですが、しっかりとボサノヴァの雰囲気を
持った人です。



曲は「三月の水」です。この名曲を彼女が演奏するとまた違った味わいが
ありますね。
[PR]
by caymmi1 | 2011-08-16 08:02 | ブラジル音楽

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31