院政

鎌倉のすぐそばに住んでいることもあって、
最近、「院政」に関する本を読んでいます。
では何故かと言うとこの「院政」が初の武家政権である鎌倉幕府成立
に深く関わって来るからです。そして「院政」にはいろいろな意味があるのです。

院政とは、天皇が譲位して上皇となり実質的に政治の実権をにぎるというものです。
代表的な人物に「白河上皇」がいますね。

さて、それではなぜこのような政治形態が生まれたのでしょうか?
一つには天皇が即位する条件の一つは男系の直系の男子ということになると、
ひょっとすると該当者がいなくなるおそれがあり、混乱のもとになりますね。
事実、古代から天皇の即位を巡って大きな戦乱がありました。
それで幼い子に天皇を即位させ、政治的空白を生まないように実質的な権力を
上皇が握り、政治を行なおうとするものです。

次に「院政」とは藤原氏が従来行ってきた摂関政治との決別です。
藤原氏は平安期を通して強い権力を握って来ましたが、それは藤原氏の血の入った
皇嗣が生まれず、やむなく白河天皇が藤原氏の血の入った弟(異母兄弟)を
即位させる事を条件に天皇となりました。
しかし、白河天皇は弟にではなく、自分の子供に天皇の位を譲ってしまいました。
藤原氏は天皇の外戚ではなくなってしまいました。

では、なぜ武家が力を持ったのでしょう?
上皇が政務をとるとなるとどうしても「実力」が必要になります。
いいかえると「軍隊」ですね。
当初、貴族の使い走りに過ぎなかった「武士」がその実力機関になっていきます。
これが「北面の武士」なのですが、一方で臣籍降下した貴族たちが、坂東の地(関東地方)
に続々と移住しますが、そこは極端にいえば「無法地帯」でした。
実力がものをいう世界でしたし、蝦夷からの武力侵入も(逆もあり)たびたびありました。
移り住んだ貴族達は蝦夷の戦士が得意としていた乗馬の技術を獲得し、
しだいに精強な武装勢力となって行きました。

平安時代になりますと朝廷は自前の軍隊を解散させてしまいました。
それは「蝦夷征伐」が一応の決着を見、蝦夷が朝廷に臣従したと判断されたためです。
しかし、完全に心服したわけではなかったのです。
従って「武士」とは「軍人」ではありません。いわば貴族の私兵だったわけです。
武士は自分の力をアピールしなければなりません。そのため「鬼退治」だとかを
盛んにやって自分を雇ってもらうように努力をしたわけですね。
おそらくこのときに日本の武士の倫理観や道徳観が生まれたのでしょう。

源頼朝は頼信がおよそ一世紀前に拠点を構え(河内の壷井八幡宮より八幡神の分霊をした。)
、父である為朝の拠点に東国国家として鎌倉を建設しました。しかし朝廷の院政は存続し、
鎌倉幕府と朝廷で日本の政治が行われていきました。
院政が実質的になくなるのが「建武の新政」ですがわずか三年で破綻し、朝廷の力は
衰えていきました。

世界史的に見ても、古代、中世、近世がそろっている国家はそうありません。
ヨーロッパと日本くらいでしょうか。「院政」とは日本の中世を語る上ではやはり重要
です。とくに「院政」とは他に類例を見いだすことは困難です。ほぼ日本独自のものと
言えましょう。まあ良くも悪くもですが。

僕はその昔、日本史や世界史が大嫌いでした。大学では現代政治史と法制史をやったおかげで
いくらか好きにはなりましたが、勉強しだしたのが30歳を過ぎてからでした。
やはりなんといっても高校時代の教科書ですね。これをなんども繰り返して読み、
その時代時代の関連する書籍を読み、少しずつ学習していきました。
独学なので見当違いや誤っているところなどもあると思います。平にご容赦を。

先日、鎌倉の建長寺に行ってまいりました。少し写真などアップしておきます。


f0107517_16535013.jpg


f0107517_16542787.jpg


f0107517_16551613.jpg


f0107517_16563346.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2010-03-26 16:56 | 歴史

誕生日

今日は誕生日でした。
もう何十回めの誕生日は、本を読んで過ごしました。
仕事がら認知症関係の本を読んでいたのですが、
認知症とは、自分の中の認識している世界を自分なりの解釈で
再構築すること。なんだそうです。
だから病院やホームの廊下が「道路」とか、看護師さんが「親切な隣の人」になっちゃうんだそうです。
そしてひとつひとつは了解可能なこと。つまり文節化されてしまった現実であり、
不自然ではないのですが全体的にみれば、やはりおかしいということなんですね。

翻ってみれば、我々は自分がおかしいとは思っていませんよね。
認知症のさなかにある人も自分がおかしいとは思っていません。
ただし、自分の中にある「世界」と自分以外の人たちが持っている「世界」と解釈が違って
いるということなのですね。

我々は言葉で世界を認識しているわけですが、だからこそ現実の解釈能力が落ちてきて、
イメージがあいまいになってくると、自分なりの解釈でもってあてはめていってしまうのです。
関係ない人を自分の夫だとかと言ってみたりするわけです。
知能はちゃんとあるのにそういうことがおこりえるわけですね。

さてさて今日は風が強かったので、本を読んで過ごしましたが、
もっと暖かくなったらまた散歩したいですねー。
[PR]
by caymmi1 | 2010-03-21 23:42 | 雑感

「あれカチョー!いつの間に戻ってたの?」
とななみが声をかけた。
理絵は一瞬、夢でも見ていたのかと思った。
「あ、うんちょっとね。」
と言うのが精一杯だった。
「ねえカチョー、さっきの十字架カチョー持って行った?テーブルにあったと
思ったのだけれど、気づいたら見あたらなかったの。」
「ええ、あの十字架のアクセサリー、持って帰って家において来ちゃった。」
「それなら良かった!無くしたかと思ったわよ。ねえカチョー何かあった?、顔色悪いよ?」
「ちょっと疲れたみたい。悪いけど先に帰るね。」
「うん良いけど、珠子さんと食事したいな。あたしの家に泊まってもらって良い?」
「ええ、良いわよ。じゃあ明日ね。」
理絵はすっかりにぎわいの戻った吉祥寺駅からタクシーでマンションに戻った。
帰宅すると、玄関のドアに紙のようなものが挟まっていた。
照明をつけると、それは巻き紙で、毛筆で書いてあった。
「くろたかちやうとの
みやうにちよはなしなとしたく
そちやをさしあけたく候
ついては案内のものなとつかわし候
南坊」
理絵は何度も読み返し、それが茶事の招待状だと分かった。
茶事!え、でも何を着ていけば良いの?
着物なんてないしどうしよう?
理絵はその茶事が何を意味するか分からないまま、なぜか惹かれるようなものを感じた。

続く
[PR]
by caymmi1 | 2010-03-12 17:42 | お話、小説

オリンピック

もう古い話になりかかりますが、
今年の冬期オリンピックは各選手本当に良くがんばりました。
それで毎回思うのですが、
以前はオリンピックが「国威発揚」の場であったことは確かです。
夏期のオリンピックは特にそれを感じました。
ソ連や東ドイツは(もちろんアメリカも)そりゃあたくさん金メダルをとりましたね。
しかし、ベルリンの壁の崩壊以後は違ってきていると思うのです。
国から個人へ関心が移って来ているように感じます。
金メダルをたくさんとることはむろんメデタイことではあるんですが、
それによって国そのものの評価があがるのかな?
ちょっと疑問ですねえ。
それより、世界にはオリンピックなんて見たことも聞いたこともないなんて人が
たくさんいらっしゃいますよ。
莫大な放送権料を払える国は限られています。
そういう国々や地域にJOCなどは普及活動をするとかやって欲しいです。
それより「パラリンピック」が始まります。
こちらの競技も関心を持って欲しいなと思います。
[PR]
by caymmi1 | 2010-03-06 18:56 | 雑感

瑞泉寺

今日は瑞泉寺に行って来ました。
鎌倉公方の菩提寺であったこの寺は花の寺としても有名です。

f0107517_2315146.jpg


f0107517_23492599.jpg


f0107517_23505481.jpg


f0107517_1104237.jpg


f0107517_1125950.jpg


f0107517_1173972.jpg


鎌倉はやはり京都とは違い、庭園でも一見すると手入れがなされていないようにも見えますが、
そうではなく、あたかも自然に草花が自生しているような感じに手入れがされています。
そこが「粋」とでもいうのでしょうか。禅宗の潔さという感じがします。
武家の世界観みたいなものでしょうか。
だからこそ幾多の文人が愛したのでしょうね。
[PR]
by caymmi1 | 2010-03-02 00:22 | 花 風景 旅 美術

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31