今年の夏

早いもので8月も最終日です。
今年の夏もいろいろとありました。
7月、国分寺 ぶんじぞう祭り
8月、三軒茶屋 ラテンフェスティバル、浅草サンバカーニヴァル、
とありました。東京の都心のお祭りの場合、車を出す事が難しい場合もあり
そうなると僕がやっているような大太鼓(スルドウ)は電車で運ばないといけません。
改札では持ち上げて通過します。
さらに混む時間帯を避けなければいけませんし、とてもカメラを持っていくということは
難しいのです。
先々日浅草サンバカーニヴァルの法人会のお手伝い(音楽隊として出演)をしたとき、
楽屋の場所は浅草花月でした。吉本の芸人さんが出る寄席です。
一階に支配人さんらしい人が、「あ、ガクタイさんですね?」
といわれました。なんともあじわいのあるお言葉でしたね。
さすがは演芸の街でした。
まだまだパレードは来月も続きます。
[PR]
by caymmi1 | 2009-08-31 08:38 | 雑感

夏の鎌倉 続

先日、浄智寺にて澁澤龍彦のお墓の写真を撮ったと申し上げましたが、
どうやら勘違いだったみたいです。大変申し訳ございません。
ともあれ昨日の続きです。

f0107517_1837333.jpg

f0107517_1838027.jpg

f0107517_1839666.jpg

f0107517_18394815.jpg

f0107517_18401651.jpg


浄智寺には確かに澁澤龍彦のお墓はあります。
そのうちおまいりに行こうかと思っています。
[PR]
by caymmi1 | 2009-08-27 18:42 | 花 風景 旅 美術

今日はお知らせです。
第29回浅草サンバカーニバルが今年も執り行われます。
わがP-RAZILでは、
去年行われた予選に落ちてしまい、本選出場はないのですが、
「浅草法人会の打ち水大行進」の音楽隊として出場します!

スケジュール
8/29(土)浅草サンバ、スタート地点よりゴール地点まで、
13:09〜13:39

という予定になっています。ただし今回は法人会の先導役なので、
ダンサリーナ(踊り子さん)の衣装はひかえめで、バテリアは法被を着ての
参加になりますので、期待をされていた方はちょっと残念かもしれません。

皆様、ぜひお越しくださいませ。
[PR]
by caymmi1 | 2009-08-27 17:45 | ブラジル音楽

夏の鎌倉

先日またまた浄智寺に写真を撮りに行って来ました。
今回は夏の日差しに浮かぶ花々を露出をぎりぎりまで落として撮影しました。
フィルムっぽくなったと思います。

f0107517_22282488.jpg

f0107517_22284598.jpg

f0107517_2229347.jpg

f0107517_22292024.jpg

f0107517_22293822.jpg

f0107517_22295859.jpg

f0107517_223019100.jpg

f0107517_22304854.jpg

f0107517_2231684.jpg

f0107517_22312527.jpg


実は知らずに澁澤龍彦の墓を撮っていました。
今回は割愛しましたが、いずれアップします。
[PR]
by caymmi1 | 2009-08-26 22:33 | 花 風景 旅 美術

いろいろあった今年の夏

みなさまご無沙汰しております。
まだ8月は終わってはいないのですが、
いやー今年の夏はいろいろありました。

車が故障したこと、時期が悪くディーラーが全部お休みだったこと。
やはりというか21万k走りましたので、しかたないのかなーと思いましたが、
アイドリングコントロールバルブの不調でした。

15、16、17と山梨は河口湖畔でP-RAZIL恒例のサンバ合宿!朝9時から夜11時までの
強化練習!燃え尽きました!

23日世田谷の三軒茶屋にてパレードに参加!今回はバテリアにカメラを向ける方が
多く、すごく嬉しかった。なかなか評判が良かったようです。

などなど、今回はすごーく運動したように思いましたが、ぜーんぜんやせてません。
なんでかなー?と思ったら、原因はビールでした(笑)。国の税収には貢献してますですハイ。

今週末は浅草サンバカーニバルに出演の予定です。ただし本選ではありませんが。
がんばりまーす!
[PR]
by caymmi1 | 2009-08-25 07:35 | 雑感

このところずっと中断していたお話「トンコ〜」を再開します。
そのため「サンバの話」は少しお休みします。
さてさて前回は満仲さんが珠子さんの体に乗り移った新田義貞の奥さんに
会わせるべく、そのような研究をしている学者さんをさがしに辰治さんとその奥さん
に茨城に行ってもらいました。途中、妙なカラスと一緒になった辰治さんたちは小田城址
に着きました。

「あ、ここやここや小田城址と書いた石碑がある。」
とカラスが石碑を見つけました。
「おどろいたね。あの字が読めんのかい?てえしたもんだ。ときに、
こっちはまあ名乗るほどの者じゃあねえんだが、龍神の使いの辰治てえます。
良かったらおまえさんの名をききてえんだがね。」
「おおこれは名乗りがおくれました。清十郎と申します。」
「で、ここにいるのは連れ合いの、ええとおっかあ名前はなんだっけ?」
「しっかりしとくれよおまいさん!花だよ花、お花だよう。」
「おっといけねえそうだった、いよう日本一!」
「なにが日本一だよ!おまいさんこそ日本一おつむがあったかいんだから!」
「はっはっはっ、おまえさま方はおもしろいのう」
とそのとき石碑の後ろのほうになにやら緑色をしたものが動いていた。
「あれはなんやろ?確かめたろ。」
と清十郎さんは飛んで行きました。
緑色のものはどうやらカエルの着ぐるみのようでした。
「もうし、気わるくせんといてほしいんやが、あんたここでなにをしてますねん?」
着ぐるみのカエルはすこし動きが止まりましたが、やがてカエルの頭を脱ぎました。
すると東欧系の白人らしい顔が出てきました。
「わても驚きましたわ。カラスがしゃべるなんて。ところで、今は地磁気を測っておるんだす。」
その白人の男は答えました。
「わしは清十郎いいます。こうみえても昔は熊野大社の使いのカラスでな、なあに
人の言葉くらいはしゃべれます。ところでこういうわけで学者はんをさがしとるんやが、
あんた、学者はんとちがうやろか。」
「わたしの名はスタニスラフ・スクラヴァチェフスキーというもんだす。たしかに物理学者
でおます。」
「どうも大変な名前だねえ。覚えられねえや。時にお前さんはえらい学者さんなのかい?」
いつのまにかそばまできていた辰治さんはその学者の人に問いかけた。
「いや、スタさんで結構だす。ところでそちらさんも見ると、龍の格好のようですが、
もしかすると龍神さんかなにかだすか?」
「いけねえ名乗りがおくれたが、あっしは龍神の使いの辰治と申します。」
とスタさんは納得が言ったかのように、地磁気が乱れている場所であること、
時空間のホールができ、この場所から異次元と交錯している可能性があること、
そしてなにより龍神やカラスがしゃべっていることがその証拠だということを説明した。
「スタさんひとつ頼みてえことがあるんだが、いまから東京へ行ってもらいてえんだが。
なあにあっしの肩に乗ってくれりゃあひとっ飛びなんで。」
「それ昔からあこがれていたんだす。ネバーエンディングストーリーなんてね。」
ずいぶんノリの良い学者さんですが、こうして学者さんは満仲さんとコースケがいる東京へ
向かった。
続く
[PR]
by caymmi1 | 2009-08-09 12:33 | お話、小説

鰯のカルパッチョ

今日も鰯のレシピなんですが、
お許しを。
さて昨日、鰯を4尾買いましたが、
昨日のうちにパスタで2尾つかいました。
そして残りの2尾を酢、オリーブオイル、白ワイン、塩、胡椒、バジルに
浸けておきました。
今日はちょうど良いぐあいに浸かっています。
本当はカルパッチョでは無いような気もしますが、
そこはご愛嬌です(笑)。
f0107517_19132125.jpg


手前味噌ですが、すごくうまいです。
清酒にもビールにも、ワインにもあう感じです。
ぜひ作ってみて下さい。
ただ、今の季節は痛みやすいので気をつけて調理して下さいね。

PS やはりカルパッチョではなくマリネでしょうね。
[PR]
by caymmi1 | 2009-08-05 19:22 | 日々のおかず、料理

鰯のパスタ

今日、鰯が安く売っていました。
うーん何をしようかな?
そうだ、パスタを作ろう!
以外に鰯はトマトソースと相性が良いのです。
まず、ピーマン、しめじ、たまねぎ、ベーコンをトマトピューレとオリーブオイル
で炒めます。炒めたら塩胡椒をし、ボールに取っておきます。
鰯を手開きにして塩胡椒をし、オリーブオイルと酢に浸けておきます。
パスタを多めの塩でゆでておきます。
鰯を浸け汁から引き上げ小麦粉をまぶしてフライパンで炒めます。
ボールの具と茹でたパスタを合わせます。
鰯を皿にとりその上から合わせたパスタを盛りつけて、出来上がりです。

f0107517_19354580.jpg


盛り付けるときに皿を汚してしまいました。
鰯は浸け汁に入れなくても良いのですが、この方が味がなじみ、
さらに臭みもとれるようです。
鰯は今の季節は美味しいですが、夏は痛みやすいので気をつけましょう。
ほんとうにトマトソースにぴったりと合いますよ。
[PR]
by caymmi1 | 2009-08-04 19:41 | 日々のおかず、料理

クルビ・ド・サンバのメンバーではありませんが、
パウリーニョ・ダ・ヴィオーラ(Paulinho da Viola)は、
エスコーラ・ヂ・サンバの名門のポルテーラのサンビスタです。
お父さんがショーロのギタリストのセザル・ファリアです。
このため小さい時からショーロを聴きながら育ったからでしょうか、
彼の作る曲は繊細さに満ちています。
この動画はマリーザ・モンチと「孤独のダンス」と言う彼の曲を演奏しています。


ところで以前も続 マリーザ・モンチの記事を書いているのですが、
先日、ガミガミさんのブログへのコメントで「Universo ao meu redor」を私のなかの宇宙と言ってしまいましたが、
どうもすみません、これ「私のまわりの宇宙」でした。
うろ覚えでコメントしちゃいました。ごめんなさい。
パウリーニョは一度聴きにいきましたが、
歌声に知性が感じられ、ああやはり並のサンビスタじゃないなと思いました。
ぜひもう一度聴きたいです。
追伸。この「孤独のダンス」はベッチも歌ってました。CDは持っていませんがブラジレリーニョというアルバムでした。
[PR]
by caymmi1 | 2009-08-01 12:12 | ブラジル音楽

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31