3月も終わり。

はやいもので三月も終わりです。
東京は桜は開花しましたが、まだ満開ではないようです。
これでまたあっと言う間に一年が過ぎるのだなあと
少し感傷的になったりして(笑)。
ところで、このあいだ海外のニュースでUFOに乗った
宇宙人が北ヨーロッパなまりの英語で話しかけられたと
アメリカ在住の人が言っていたそうです。
そこで考えました。
「我々もこの地球に住む連中とは方言でコミュニケーションを取るべき。」
と考えたのではないでしょうか?
宮城県なら宇宙人が農民の皆さんにこう語りかけます。
「いやーせいがでるこたー。まーず立派な田んぼだいっちゃねー。」
「あ、いやいやほめられっとおしょしいなやー(恥ずかしい)。ところで
あんだどっからきたのしゃ?なんか顔も銀色だなや?」
「わだす宇宙人なんだてば。んだからこんな顔してんのっしゃ。」
「あ、ほうすかーんだんだ。もう少しでたばこ(休憩のこと)だから、おちゃっこでも
のまねすか?」
「あいやー、んではよばれっかな?」
となり、都合が良いですね。
大阪では、やはりこれです。
「もうかりまっか?」
「ぼちぼちでんなあ。」
これですね。
[PR]
by caymmi1 | 2009-03-31 06:53 | 雑感

残念なこと。

僕の仕事のエリアである東京の千代田区と中央区で、
誠に残念な事があります。
中央区銀座にある歌舞伎座が立て替えられる予定です。

f0107517_2229369.jpg


f0107517_22293635.jpg


具体的な建物の概要はまだですが、
聞いた話によると高層ビルになってしまうようです。
歌舞伎座の文化的意義をふまえた計画を松竹は立ててもらいたいものです。

千代田区神田駿河台に日本大学カザルスホールがあります。
設計は磯崎新で音響の良さでは国内外から評価が高く、
設置のオルガンもユルゲン・アーレントの製作になるものです。
日本大学のキャンパスの改修にともない取り壊されると聞きました。
もともとは「主婦の友社」が建設したのですが、
資産整理により日本大学の所有となりました。
良いホールは楽器と同じで、そう簡単に作れるものではありません。
日本大学には芸術学部があります。ぜひ残して欲しいものです。

カザルスホールの名前の由来のパブロ・カザルス(Pablo Casals)の動画です。



歌舞伎座にしても写真を撮りにくる方の「惜しいねえ」との声があがっていました。
カザルスホールにしろ歌舞伎座の建物にしろ東京には必要のないものなのでしょうか?
[PR]
by caymmi1 | 2009-03-23 23:42 | 雑感

誕生日

昨日のお彼岸の中日の21日、
51回目の誕生日でした。
これまでの人生を振り返ってみますと
決して経済的には成功したとはいえません。
ただ興味の赴くままに自由に生きてこれたのは幸福なことですね。
僕は周りの人々の支えで生きてこれたんだなあと実感します。
このブログは感謝の気持ちから始めました。
これからも非力ながら続けて行こうと思います。
昨日は菜の花と鰺でちらし寿司を作り「プー横丁の店」の皆さんと
一緒に食べました。
さて、明日も頑張ろう。

携帯のカメラで失礼。昨日のちらし寿司です。
f0107517_20211139.jpg


誕生日にはミルトンですね。これはUAKTIとの演奏です。


これからも宜しくお願いします。
[PR]
by caymmi1 | 2009-03-22 20:25 | 雑感

様々な人々 続

前回、サンバが好きなスウェーデン人のお話をしましたが、
お話をもっとしようと思って、英語のできるガールフレンドを
誘ったと書きましたが、実は記憶が定かではありません。
会話の内容は良く覚えているのですが、
英語でしゃべった記憶がないのです。
ところで、彼には大きい娘さんがいらっしゃるそうで、
18歳をむかえ家を出て独立されたそうです。
「スウェーデンでは親御さんは子供が独立されるのを喜んでいらっしゃるんですね?」
と聞くと、
「いやいやそんなことはないよ。実はとてもさびしい。できるならずっと
いてほしいくらいだ。」
「あまり日本の父親と変わりませんね。」
「私は実はどうもヨーロッパ人より東洋や南米の人に近いようなんだよ。」
「というと?」
僕の問いに答え、紙を取り出して彼は世界地図を書き出しました。
スカンジナビア半島からシベリア、アラスカ、北米大陸、南米の地図
を書きました。
「もともとスウェーデン人はヴァイキングの子孫なんだがね、シベリア、アラスカ
までは航海していたんだ。それでこう考えたんだが、南米や極東(日本など)まで
航海していたんじゃないかってね。」
彼の話では、なぜそう思うかというとスウェーデンのある地方では、
ヨーロッパの言語とは異質な言語を話す人達がいると言うことでした。
さらに話は飛び、イエズス会のフランシスコ・ザビエルの話になりました。
彼はスペイン人ではないだろう?と彼が言い、
僕が、「そうです。彼はナバラ王国の貴族の家の出身で、バスク人です。
一説によるとバスク語と日本語はきわめて良く似ているとか聞きます。」
「そうだろう?論理の飛躍かもしれないが、想像以上に世界は繋がっているのだよ。
そうでなければ地球の反対側でサンバなどやってはいないよ。」
とここいらでピンガ(ブラジルのお酒で度数が強い!)を一気に
彼は飲み出しましたのでほぼ酔っ払いの会話になってきました。
別れ際に浮世絵の絵はがきを渡したところ、
とても喜んでくれました。
いつかまたあえるでしょうか?

スウェーデン王国の地図です。以外とわかってないものですね。
ノルウェーやデンマークとごっちゃにしてました。
グスタフ国王ごめんなさい。
f0107517_12105446.gif

[PR]
by caymmi1 | 2009-03-21 12:17 | 雑感

様々な人々

僕は現在、神奈川県は相模原市のとある住宅設備メーカーに
派遣されている技術者です。
相模原というところは丹沢山系の近くにあり、
割に寒いところです(南関東としては)。
事務所は日当たりが良くなく、あまつさえ暖房はエアコンのみ。
それでも若い女性の事務員さんは元気はつらつです。
今の若い人はみな背が高く、制服のスカートは短くなりますね。
しかもいわゆる「なまあし」です。
寒くないのかなー?とおじさんは思ってしまいます。
いかんいかん。
さてさて、この間ブログのテーマのリクエストをしました。
とどさんからは、サンバ好きなスウェーデン人の話が興味があるとおっしゃいました。
今日はその話をします。
今からもう二十数年前ですが、サンバやボッサノヴァを中心に聴かせる
カフェ(バール)が仙台にありました。
僕はそこの常連で、毎晩のように通っていました。
ある晩のこといつものようにそのカフェに入って行くと、
背の高い北欧系のような中年男性が店にいました。
ここはブラジルなどラテン系の人は良く見かけるのですが、
北欧系の人は珍しかったので、片言の英語で
「サンバはお好きですか?」と話し掛けてみました。
すると、実はストックホルムでサンバをやっているのだとのこと。
「スウェーデンではサンバが盛んなのですか?」と問いかけると、
「いやまさか日本でサンバが流れているとは思わなかった。」とおっしゃいました。
僕は少し驚き、もっと会話をしようと思いましたが、うまく話せませんでした。
そうこうしているうち彼は明日東北大学で会議があるので、これで失礼するが
もしよければ明日またお会いしましょうと言い、名刺を頂きました。
今でも覚えているのですが、名刺には
「スウェーデン王立航空科学研究所 チューレ ワドソー」
と日本語で書いてありました。
次の日、僕は英語のよくできるガールフレンドを誘いました。
通訳してもらおうと思ったのです。
続く

スウェーデンのサンバの歌手ですが、会った方はちょうどこんな感じでした。
後で知りましたが、実はスウェーデンはサンバやボッサノヴァの歌手は結構
多いです。
f0107517_222242.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2009-03-19 02:24 | 雑感

ブログのテーマ

僕がブログを開設したのは、2006年の5月からですが、
はじめはテーマを決めて原稿を書き、それに沿って投稿していました。
しかしいわゆる仙台弁でいうところの「たれか」をこいてしまって、
最近ではなかなかそのスタイルが出来なくなりました。
今日はこんなこと書こうかな〜と思って、いいや明日にしようと思っていると、
次の日は「あ、なんだっけ?」という状態なのですね。
そこでとにかく思い付いたことをメモ書きしておこうと思いました。

多摩地区の上空を早期警戒機のE-2Cが飛んでいました。北朝鮮のミサイルの関係かな?

ラジオで「学校音楽コンクール」の講評の先生がさかんにハーモニーの「ゆらぎ」
ということをおっしゃていました。リズムのアンサンブルにもそれは言えるのかな?

関東では「鰺」がスーパーの店頭に出ています。菜の花とあさりと鰺を使って、
五目寿司を作ってみようかな。となるとレシピをかんがえなきゃ。

うんと昔、ラーメンが大好きなマルセイユ生まれのフランス人留学生のミシェルくんに
教わった、「ブイヤベース」のレシピを思い出すこと。レストランの料理ではなくて
家庭料理なので具沢山のみそ汁という感じだった。

サンバが好きなスェーデン人と偶然出会い、地球の反対側でそれぞれサンバをやっていて
両方でびっくりしたこと。

お話「トンコ〜」の登場キャラクターのからすの名前とプロフィールを決めたこと。

今年、東京の国際フォーラムで行われるクラシックの音楽祭ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンの内容の紹介。今年はバッハの特集です。

さてさて皆さん、以上の内どれに興味がありますか?
でもやはり虫が良いかな019.gif
[PR]
by caymmi1 | 2009-03-15 10:16 | 雑感

うさぎのこと

なぜか昔、飼っていたうさぎの事を思い出しました。
それはネザーランドドワーフの雑種でした。
このうさぎは大変かしこくて、
 さびしいのが嫌い。リビングのドアを両手でガリガリして入れてくれ〜

 僕が夜遅く帰ってくると必ずお出迎えしてくれた。

 ケージが大嫌い。脱走を繰り返すので、放し飼いに。

 グルメ!雑草はあまり食べず、野菜を買ってくるとまっしぐらに走ってくる。

なにやら性格が飼い主と似ているような?
ともあれこのうさぎには癒されました。
あ、名前は「シロ」でした。
脱走しておばあちゃん家の縁の下に逃げ込むのですが、
よくおばあちゃんに捕まえられて、戻ってくるのでした。
[PR]
by caymmi1 | 2009-03-09 19:58 | 雑感

先月の28日に行われたP-RAZILのライブ「ライブです。2」は無事行われました。
今回は我々の他、地元の高校のOBのサンバのバンドや、ブルース、ウクレレの弾き語り、
フュージョン系のバンド、ジャズ系のバンドなどと一緒に演奏しました。
P-RAZILはジャズの佐藤クインテットと演奏したのですが、モチーフを森山威夫さんの
曲からとり、アレンジや歌詞をオリジナルで作りました。
手探りだったので、最後まで曲の手直しを行いましたが、
皆で作った曲なので、すごく満足感があります。
動画をアップしますので、どうぞ御覧下さい。僕はあまり映ってませんね。はは。




当日は沢山のお客さんに来て頂きました。お客さんがあまりにも沢山来たので、息苦しくなるほどでした。特にブログ友達のはなさんが来て頂きました。すごく嬉しかったです。
あ、はなさん、皆すごい美人だと言っていましたよ。なんか嬉しいものですね。
[PR]
by caymmi1 | 2009-03-04 21:29 | ライブの感想

2月28日におこなわれたライブ、盛況のうちに無事終了しました。
で、二日酔いを経ましていま仙台におります。
とうぜん今はバカ頭になっておりますので、ライブの様子なんて詳しい
ことは書けましぇーん(汗)。
また落ち着いたら書きます!
それであの、遅きに失しておりますのですが、メンバーがデザインしたポスターと
練習風景です。

f0107517_757481.gif


すんまへーん遅くて

f0107517_881570.jpg


練習風景です!

内容はまたアップします。
[PR]
by caymmi1 | 2009-03-02 08:09 | ライブの感想

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31