今年は色々な事がありました。
まずおかしかったこと。

夏、日本橋三越の前を颯爽と歩く女性。
千疋屋方面に歩いていったのですが、背中が大きく割れた洋服
でした。そしてこちらから背中が見えた瞬間、思わず吹き出してしまいました。何故かと言うと背中に大きなバンソウコウが・・・
忘れたのでしょうか?

やはり夏、ショッキングピンクに髪を染めた女性の後を紫色に髪を染めた
おばさんが歩いていました。

白銀台(シロガネーゼ)の奥様のところに仕事に行った時、
靴下に穴が空いていることを報告、爆笑される。

本所に仕事に行った時、電気やさんだと管理人さんがいったため、
「ちょいとお兄さん、台所のデンキとりかえてちょうだいな」とか、
おばあさんにお兄さん扱いされる。

「トンコ」の原稿をみけんにシワをよせて書いていたら、
「なんだい?ぐあいわるいのかい?まったくしょうがねえな兄さん。
ちょっとキューッと飲みなよ。ちったあ気分良くならあな。」
と下町の喫茶店で言われた。
ということで、トンコとおれの冒険は原稿できましたあ!
後は推敲の作業がありますので来年早々にアップできますよー。
ちなみに僕の江戸弁は仕事先の皆様と、落語の影響があります。

今日のおまけ。中央区は湊の鉄砲州神社のかんばんです。


f0107517_2053921.jpg


これでいーのだ!


まったく面白いですね。
来年も面白い話があったらそのつどアップしますね!
皆様良いお年を!
[PR]
by caymmi1 | 2008-12-31 20:55 | 雑感

サンバに限らず、カルトーラの音楽上の説得力は随一でしょう。
これをご覧下さい。



カルトーラは歌唱力はさほどあるほうではありません。
しかし、説得力は随一だと思います。
ブログ友達のはなさんは歌手をされていますが、はなさんがこれを歌えば良いのでは
ないかと密かに思っています。
あ、もう密かじゃないか!。はなさんすみません。
この曲は邦題は「人生は風車」といいます。
内容は別れていく恋人に人生とは風車みたいに幸せと不幸が回っているんだ。
今、君は幸せの絶頂かもしれないが、明日はどうなるかわからないというような
内容です。
[PR]
by caymmi1 | 2008-12-30 19:39 | ブラジル音楽

今年もお世話様でした。

今年2008年も過ぎようとしています。
今年も色々な事が有りました。
しかし、僕が一番衝撃を受けたのは、Dorival Caymmiが亡くなったことでした。



ドリヴァル カイミの死を報じるブラジルのTVニュースです。

今、未曾有(みぞうゆうではありません。)の経済危機ということですが、
皆さん明るく行きましょう。
今年もこのブログを訪問された方々に感謝です。ありがとうございました。
あ、明日もアップしますよ、モチロン。
[PR]
by caymmi1 | 2008-12-30 19:11 | 雑感

カルトーラの動画

自分が持っていたカルトーラの動画が、Youtubeにアップされていました。
プー横のマスターにこの動画(マスターだけじゃなくて。)をプレゼントします。



他にもあるのですが、このブログには埋め込みはひとつしかできないので、
別記事にてアップします。

世の中広いですね。やはり誰かが持っているんですね。
[PR]
by caymmi1 | 2008-12-29 17:27 | ブラジル音楽

クリスマス イヴ

今日はクリスマスイヴですね。
今年もこのブログにコメントいただいた皆様に感謝したいと思います。
世の中色々なことがありますが、日本は歴史的にはたくさんの危機を
乗り切っています。中には国が亡くなる程の事件もありますね。
篤姫ならば、「だまってお茶でも飲んでおられよ。」と言うかも知れません。


僕の一番好きなJSバッハの「マニフィカト二長調」の冒頭の部分です。
バッハの声楽作品としては明るく、聖母マリアを讃える曲なので、クリスマス向きだと思います。この動画は冒頭部分です。
皆さん明るく行きましょうね。

[PR]
by caymmi1 | 2008-12-24 22:46 | 雑感

今日はクリスマスイヴです。皆様どうすごされますか?
さて、遅くなりましたが仙台光のページェントの続きです。
この画像は前回のものと違うカメラで撮りました。
少し描写が違うと思います。
この画像も手持ちで感度を上げて撮りました。
適正露出ではないですが、かえって面白いかもしれません。

f0107517_11491860.jpg


f0107517_11494358.jpg


f0107517_115036.jpg


f0107517_1150201.jpg


f0107517_1150472.jpg


僕は街のショウウィンドウが好きです。
昼間は差し障りがあるので、夜間に注意をして撮影しています。
こういうイルミネーションの場合、人が多いので撮影には人の顔がはっきり
映らないようにしないといけません。
また記念撮影以外はストロボやフラッシュは避けるようにしています。
映画館のなかでフラッシュを使うようなもので、迷惑ですし効果も
あまりありません。
また三脚を使うときも通行の邪魔にならないような場所で撮影するように
しています。去年はメディアテイクの6階の展示が、イルミネーション関連
の展示だったのでOKでした。
今のデジカメは感度も上げられるし、手ぶれ補正の機能がありますので、
イルミネーションを撮るには良いかもしれません。
実は東京タワーが誕生して50年なんです。
ライトアップもいつもとは違うようです。明日は芝公園の近くに行きますので、
もし撮影できたら良いなと思います。
[PR]
by caymmi1 | 2008-12-24 12:09 | 仙台観光

今年も、師走の仙台は定禅寺通りの恒例の仙台光のページェントを、
撮って来ました。


f0107517_059031.jpg



f0107517_0594559.jpg



f0107517_105243.jpg



f0107517_113210.jpg



f0107517_13278.jpg



f0107517_1362118.jpg



f0107517_137166.jpg



f0107517_1381460.jpg


今回は手持ちでストロボ類はなしなので、ずいぶん手ぶれが目立ちますが、
愛嬌ということで宜しくお願いします。
[PR]
by caymmi1 | 2008-12-21 01:07 | 仙台観光

とほほなこと

先日ブログで、さる筋から指令があり、二月のライブに出ろということを
書きました。
練習して気が付いたことは・・・
へたくそ!
ということでした。このまま演奏すると、CIAとMI6とモサドと公安警察から、
「あーこれこれ、このような演奏したのはお前か?殿がたいそうご立腹であるぞ。」
「まあこのなんだ、あれをこうしてこのへへへ。」
「なーにがへへへだ、お白州へひったててくれよう!」
となり島流しは確実です。
ピンガとビールとワインをこぶ茶で割って飲んで酔った勢いで演奏とも
思いましたが、そんなことをすれば、
「おまーら全員死ね。わしもも−死ぬけん。」
という谷岡ヤスジ的状況になるのは確実です。
ここはもうできるかぎり練習をして、本番後にお白州に行き、
次の言葉を待ちたいと思います。
「これにて一件落着!」
[PR]
by caymmi1 | 2008-12-07 22:20 | ブラジル音楽

いつもこの時期になると、大学時代、学内の各キャンパスを
クリスマス礼拝のメサイアを合同合唱団で回ったことを思い出します。
学内の合唱団は全部で五つもありました。
合同でバスにのり「どさ回り」をするわけです。



youtubeにはあまり良い演奏がありませんでしたが、パート譜のあるものを
貼っておきました。ついつい歌いたくなるんですよねー。
おひまな方はカラオケにどーぞ(笑)。
ともあれ今年ももうわずか。自分的にはたいして進歩しなかったなー
と反省です。
あ、そうだ光のページェント見にいかなきゃ。
[PR]
by caymmi1 | 2008-12-06 20:45 | 雑感

先月の28日、ブログ友達の「はなさん」のライブに行って来ました。場所は、相模原市相模大野駅近くの「ラ・シェット」というカフェレストランです。
メンバーは、ヴォーカルがはなさん。ギターが秋山映一さん。ゲストにギターの廣木光一さんの三人による、ボサノヴァの演奏でした。
曲は、
1st
 バルキーニョ
 コルコバード
 ソ・ダンソ・サンバほか

2nd
 ブリザード・マー
 もうけんかはやめよう
 ワン・ノートサンバほか
いや実に大雑把ですみません。

左から、廣木さん。はなさん。秋山さんです。
f0107517_561191.jpg


はなさんのブログの印象から、ポップでいくらか軽いのかな。と勝手に思い込んで
いましたが、なんのすごく本格的でした。
最近の女性歌手の「あたし少しボサノヴァを歌ってみましたのほほほ。」
という感じではありませんでした。
ゲストの廣木さんは、以前に松岡直也さんや向井滋春さんのバンドで良く聴いたもので、日本の代表的なギタリストの一人です。
さて、1stの一曲目のバルキーニョ(小舟)は、ホベルト・メネスカルさんの作曲の
ボサノヴァを代表する曲ですが、声の質がナラ・レオンさんに似て、また歌い方も
そうでした。
後でご本人に伺いましたら、ボサノヴァで最初に聴いたのがナラさんだったようです。
コルコバードなど定番の曲以外に「中村八大」の曲を(曲名は忘れました)演奏された
のですが、これがなかなか良かったです。
で、2ndは、ギターのデュオの演奏が中心でした。
廣木さんは、昔と変わらずメリハリの利いた演奏で、さすがーという感じ。
一方の秋山さんは、これとはまた別の端正な印象を持ちました。
画でいうと廣木さんが「モンドリアン」で秋山さんが「カミーユ・コロー」
みたいな感じですかね。
僕はどちらの演奏も好きですが、秋山さんの演奏がどちらかというと好みですね。
さてまとめです。
最近、商業音楽が不振のなか空前のバンドブームです。日本の各地でボサノヴァを
歌う方がたくさんいらっしゃいます。ただ、ボサノヴァが「いやし」と「さわやか」
のキーワードで括られてしまうとすぐ飽きられてしまいます。
音楽的テクニックはあるにこしたことはないのですが、
それだけでなくもっと表現の幅を広げて欲しいと思います。
なーんてエラソーなことを言っていたら、電話あり来年二月末にライブに出ろ
とのお達しがありました。
ひえー、練習せねばなーやはり神様は見ている。
くわばらくわばら。
[PR]
by caymmi1 | 2008-12-03 05:06 | ライブの感想

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30