どうでも良い話

僕の仕事はフィールドエンジニアということになっています。
現在は家庭の電気こんろがリコールの対象になったため、
家庭訪問して部品の取り替えと試験を行っています。
先日、
「あーえんたつさん、ちょっと白金台の東○電力の社宅へ行って来てください」
「はーいわかりました!」
威勢良く行ったはよいのですが、ほどなくして会社から、
「あのさーえんたつさん、会社に財布忘れて行ってるよ。大丈夫?」
ゲゲッッッまずい、しかし引きかえそうにも約束の時間に間に合いそうにも
ありません。しかし駐車料金をどうしよう?
近くまで来ました。幸いすぐ近くで工事をやっており、ドサクサにまぎれ、
工事車両の後ろに止めることが出来ました。これで一安心。
結構な坂を登り、ふうふう言って目的のお宅へ。
あ、ご存じの通りお屋敷町です、ここは。
「おはようございます○○工業です。」
「あーら、おねがいします。」
と品の良い奥様が出ていらっしゃいました。
そのとたんな、なんとズボンがずりおっこちてきました。
さっき駐車したとき工事車両にベルトをひっかけてしまったようです。
おまけにくつしたに穴があいています。焦ったあげく
「あのー奥様、こんな格好で失礼します!」
「あらまーそうなの?ぜんぜん気付かなかったわおほほほほ、おもしろい方ね!」
実は上着の作業服が長くて、多少ズボンがずり落ちてもわからないのでした。
今日の教訓
「焦りは禁物」

おまけ。卵が悪くなるので、特大の卵焼きを作りました。


f0107517_6295252.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2008-06-26 06:29 | 雑感

インドネシア バリ島

昨日と今日と、エスニックな料理を作ってしまいましたが、
もう二年前にアップした写真が気になり、修正してみました。
もう二十年前にもなりますが、バリ島に滞在した時の写真です。
サヌール海岸から撮ったインド洋の夜明けと、ウブド村で撮った
「レゴンラッサム」という舞踊劇の伴奏の、少人数のガムランの
演奏です。あのとき日本人客はわりと少なく、フランス人やドイツ人の
観光客が多かったです。たぶん「エマニュエル夫人」という映画が
影響していたかも知れません。
この舞踊劇は日本でいうと「神楽」でしょう。
初めと終わりにヒンズー教のお坊さんが聖水を舞台になった場所へ撒いていました。


サヌール海岸の夜明けです。この時なかなか寝付けなかった事を覚えています。
f0107517_2102614.jpg



バリ島の山間部のウブド村のガムランの演奏風景です。比較的小編成です。
すこし大きい太鼓がクンダンで、この太鼓の奏者が指揮者の役割をしています。
f0107517_2132681.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2008-06-22 21:21 | 花 風景 旅 美術

カオパッ風焼飯

昨日、ご飯を炊き過ぎてしまいました。
さて冷やご飯をどうするか・・・
昨日のカレーがまだあります。
そこで、熱したフライパンに溶き卵を入れ、トマトを入れます。
塩、胡椒、ナンプラーを入れ、おたまに一杯ほど昨日のカレーを入れ、
炒めました。
タイ料理に「カオパッ」とういう焼飯がありますが、
ちょっとそれ風になったと思います。


こんな感じに出来上がりました。
f0107517_18582638.jpg


まあ食材のやりくりという感じですが、昨今の食料事情を鑑みて、
なるべく無駄をなくそうと思っています。
[PR]
by caymmi1 | 2008-06-22 19:01 | 日々のおかず、料理

タイ風イエローカレー

毎日、すっきりしない天気が続きますね。
今日はたまたま生のヤングコーンがスーパーで安く売っていました。
この食材を使うのがタイ料理です。
そこでタイカレー(イエローカレー)を作ってみました。
使うもの 鶏手羽先 海老、トマト、カレー粉、ナンプラー、ヤングコーン、レモングラス、こぶみかん、ココナッツミルクなどですが、今日はじゃがいもを入れてみました。
なべは例によってダッジオーブンを使いました。

1 手羽先と海老はカレー粉をまぶしておきます。
2 なべにサラダオイルを入れ、トマト、ヤングコーン、を炒めます。
3 水を入れ、煮立って来たら海老、手羽先を入れふたをします。
4 手羽先、海老に火が通ったら、ナンプラー、レモングラス、こぶみかんを入れます。
5 ココナッツミルクを入れ、ひと煮たちさせたらできあがりです。

ダッジオーブンを使う場合は余熱で火が入ってしまうので、気をつけてください。
レモングラスやこぶみかんがない場合は、そもそもタイカレーのペーストがスーパー
などで200円くらいで売っていますので、それを利用すると良いでしょう。


f0107517_19525579.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2008-06-21 19:53 | 日々のおかず、料理

昨日に引き続いて、鎌倉は明月院の紫陽花です。
言うまでもないのですが、別名あじさい寺と呼ばれる、
鎌倉の明月院は北鎌倉にあり、円覚寺のすぐ隣にあります。
15日の日曜日は、参拝客を制限するほどの人気です。
この日は約一時間ほど並びました。
お寺で参拝のために並んだのは始めてです。
あんまり人が一杯なので、思うようには撮れませんでしたが、
なんとか人が映っていないものをアップします。
200枚ほど撮りましたが、ものになったのは数枚です。
かなり重くなりますが、紫陽花尽くしをお楽しみ下さい。

f0107517_2313199.jpg


f0107517_23133371.jpg


f0107517_2314574.jpg


f0107517_23144038.jpg


f0107517_23151946.jpg


f0107517_2316491.jpg


f0107517_23174842.jpg


f0107517_2319124.jpg

参道にはこんな小さな美術館もあります。
f0107517_2320227.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2008-06-16 23:31 | 花 風景 旅 美術

鎌倉 浄智寺

今日は北鎌倉の近くで仕事でした。
地震のことも気になりますが、
せっかくの機会ですから、北鎌倉の浄智寺、明月院の紫陽花を撮る事にしました。
まずは浄智寺です。浄智寺は鎌倉五山の四番目ですが、
江戸時代の後半にはすっかり廃れてしまいました。
夢窓疎石なども住職に名をつらねています。
臨済宗円覚寺派金宝山浄智寺は一度訪れてみたい名刹です。

茅葺きです。
f0107517_2338156.jpg



明月院ほどではないですが、紫陽花は趣があります。
f0107517_1854587.jpg



僕は竹林が好きです。
f0107517_1855294.jpg



井戸水の水面が趣があります。
f0107517_18565284.jpg



菖蒲の季節でもありますね。
f0107517_18581841.jpg


自然に勝る癒しはないと思うのです。
少しでもこの花々や草木を見てほっとして頂きたいです。
ああ、わらび餅食べるの忘れましたあ。
続きは明月院です。
[PR]
by caymmi1 | 2008-06-15 19:03 | 花 風景 旅 美術

昨日、宮城、岩手県で起こった震災に対し、
お見舞い申し上げます。被害に遭われた地域の皆様
の一刻も早い復興を願っています。


f0107517_233127.jpg



f0107517_2333379.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2008-06-15 02:34 | 雑感

今日は参りました。

今日は帰りに三鷹駅に落雷があり、
帰宅するのに二時間もかかってしまいました。
僕は仕事では江東区、台東区、中央区、品川区その他の担当なんですが、
江東区は潮見駅の近くは例の事件(バラバラ殺人事件)があったり、
通り魔事件があったりで、なんか嫌になってしまいます。
事故にあわないように気をつけます。


これは以前に金沢で撮ったものです。
牡丹は好きですね。美人です。

f0107517_23475089.jpg


これも金沢で撮ったものです。やはり違います。

f0107517_23523243.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2008-06-09 23:52 | 雑感

珠子さんはうずくまってしまっていたが、
急に伸び上がると、珠子さんの目はつりあがり、まるで別人
のようになった。
珠子さんはすっくとたちあがり、親房の方を向いた。
珠子さんの手には笛が握られ、ゆっくりと吹いた。
親房の顔つきが変わり、腰を落とし刀に手をやると、
「おどろいたな、お前は小太郎ではないか?」
珠子さんはもはや別人になり、変わって一人の若い武将が立っていた。
「いかにも。お前にさんざん愚弄された新田義貞だ。」
「ふん、ありのままを書いただけだ。そもそも新田は頼朝殿に力を貸さなかった
ではないか。」
「新田源氏は義国様の直系ぞ。なんのいわれがあって足利に仕えなければならぬのだ?」
「たわけが、小太郎は鬼切の太刀が欲しいのだろう?そうはさせぬ!」
親房はやおら刀を抜き、小太郎めがけ上段から切りかかった。
すかさず小太郎は手に持った笛で親房の刀を振払った。
「ばかめ、お前に斬られる訳はない!」
刀を落とされた親房はほうほうの体で、どこかへ行ってしまった。
小太郎と呼ばれた若武者は、静かに笛をふきはじめた。
笛の音が止んだと思うと、武者は再び珠子さんに戻った。
続く
[PR]
by caymmi1 | 2008-06-08 09:01 | お話、小説

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30