秋保 蔵王 秋

昨日UPした写真の続きです。

秋保(あきうと読みます)は仙台市の太白区にあります。古くから温泉街として
知られていますが、ここの秋保大滝は仙台の市街からも近く人気があります。
この写真はその周辺の里山です。温泉でも昔から有名です。

f0107517_17255247.jpg


山寺(立石寺)を建立した慈覚大師が奥の院として創建したと伝えられる
不動尊です。小規模ですが味わい深いお寺です。

f0107517_1731471.jpg


軒が面白いです。

f0107517_1755371.jpg


滝の展望台の近くにある茶店です。

f0107517_17594574.jpg


明日は蔵王の滝をUPする予定です。
[PR]
by caymmi1 | 2007-10-31 18:04 | 花 風景 旅 美術

紅葉 蔵王 秋保

今年の仙台方面の紅葉は、少し遅いようです。
蔵王、秋保の紅葉を撮ってきました。
まだ色がはっきりしないのが難ですが。

秋保の大滝です。まだ色付き初めです。

f0107517_21232957.jpg


蔵王です。エコーラインの途中で撮りました。天気がいまひとつです。

f0107517_21274421.jpg


蔵王の不動の滝です。

f0107517_2132032.jpg


蔵王の遠望です。

f0107517_21353738.jpg


今年は少し紅葉はさえませんね。残念です。
[PR]
by caymmi1 | 2007-10-30 21:37 | 花 風景 旅 美術

日展100年を見て。

私事で申し訳ないのですが、
以前、某新聞社の美術出版部門で働いたことがあります。
(わずか一ヶ月足らずでしたが)
この時、岡倉天心について学ぶ機会があり、
「文展」の批判としての「日本美術院」についてはいくらかの知識はありました。
しかし、岡倉天心が批判した「文展」そのものについては、見る機会がほとんどなく、
今回の日展100年特別展は大変貴重でした。
澄んだ空気の仙台はとても気持ちよい日で、美術館にいくには絶好でした。
見た印象としては、

※洋画、日本画、工芸とも技巧は大変優れている。

※優等生的である。

ということでした。もちろんこれは僕の持った感想にすぎませんが。
確かにこの時代の新しい表現は排除されているように思います。
しかし、見るべきは「日本画」でした。
特に戦後の日本画の作家である東山魁夷や、杉山寧の「日展」入賞作品を
見られたのは大変貴重でした。
特別展を見終わり、常設展のキルヒナーやカンディンスキーを見て
改めてこの絵画の位置づけを確認することができました。
西欧の文化を何とかして早く吸収したいという日展の主催者の思いが感じ取れる
展覧会でした。
しかし、西洋の「美術」にはまだ距離があるのかも知れません。
特に工芸について僕はそう思いました。
やはりこれは「美術」というより「意匠」なのだろうと。
これには「茶の湯」こそがキーワードになるのかも知れません。
そこまで考えて、やっと岡倉天心の思いを実感したような気分になりました。
えらそうですみません。
気持ちのよい仙台の秋の一日でした。
[PR]
by caymmi1 | 2007-10-29 06:48 | 音楽一般

残り物でポトフ

今日、用事があって仙台に帰ります。
そこで冷蔵庫のものの整理です。
冷蔵庫には、塩シャケ二切れ、ベーコン、キャベツ、メークイーン、たまねぎ。
さあこれで何をつくるか?
ええいみんな使ってしまえ!
ということで、ポトフ?(なんちゃって)
を作りました。
至って簡単です。
1.ジャガイモを煮る

2.ジャガイモに火が通ったら、ザク切りしたキャベツと輪切りにしたタマネギ
 とベーコンを入れ、固形ブイヨンを入れる

3.最後に塩シャケを入れてフタをする。

4.スープの味見をして薄ければ、塩を振り、蒸らして出来上がりです。

 当然塩シャケを使うので、塩は少なくて良いです。皆様もお試しあれ。
[PR]
by caymmi1 | 2007-10-24 10:08 | 日々のおかず、料理

それぞれの富士山

Woman excite ウーマンエキサイト 旅とお散歩 : 旅とお散歩情報 投稿
今日、早起きして山梨県の山中湖、河口湖、神奈川県箱根の芦ノ湖に行って来ました。
関東地方は久々に快晴でした。
ずっと待ちわびていた秋晴れの日です。
富士山を撮りにでかけました。

まず、山中湖の富士です。

f0107517_158957.jpg


山頂はうっすらと雪化粧しています。

f0107517_15113543.jpg


山中湖の全景です。

f0107517_15142386.jpg


次が河口湖から見た富士山です。

f0107517_15171574.jpg


河口湖の全景です。

f0107517_15204845.jpg


箱根、芦ノ湖の富士です。

f0107517_1525522.jpg


芦ノ湖の海賊船?と箱根神社の鳥居の組み合わせが不思議です。


f0107517_15275871.jpg


今日は朝6時に出発して、午後2時頃に小田原に戻りましたが、
富士山は雲に隠れ見えなくなっていました。
神様ありがとう!
まだ写真はあるのですが、今日はこれくらいにしておきます。
[PR]
by caymmi1 | 2007-10-21 15:32 | 花 風景 旅 美術

小田原の富士山

Woman excite ウーマンエキサイト 旅とお散歩 : 旅とお散歩情報 投稿
今日の小田原は久しぶりに秋晴れの天気でした。
夕方、富士山がきれいに見えていました。

今日の空。吸い込まれそうです。

f0107517_18273739.jpg


道ばたに咲いている花、名前がわからない。

f0107517_18295032.jpg


夕焼けの富士山です。

f0107517_18322565.jpg


マンションから撮りました。

f0107517_18343013.jpg


明日は河口湖に行ってこようかと思います。
[PR]
by caymmi1 | 2007-10-20 18:38 | 花 風景 旅 美術

箱根、強羅公園の散歩

Woman excite ウーマンエキサイト 旅とお散歩 : 旅とお散歩情報 投稿
先日箱根の強羅公園に行ってきましたが、
本格的な茶室があります。
少し足下に気を付けなければなりませんが、
良い散歩になると思います。
なお、500円で、抹茶をお菓子付きで頂けます。
公園内とは思えない雰囲気が味わえます。

本格的な数寄家建築の茶室です。

f0107517_2192640.jpg


「白雲洞」という額があります。

f0107517_2113944.jpg


中の様子です。

f0107517_21162181.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2007-10-17 21:17 | 花 風景 旅 美術

古いマイルス

今日は用事があって藤沢に行ってきました。
用事が終わったあと、CD屋さんをながめていたら
急にマイルスの古い演奏が聴きたくなりました。
で、買ったのがこれです。

f0107517_20591213.jpg


1951年の録音で、ソニー・ロリンズがフューチャーされています。
今となってはごく普通の演奏に聴こえますが、
このレコードはLPが登場したてで、録音時間が三分を越えて可能になったことで、
演奏スタイルがそれまでのビ・バップとは異なっています。
アレンジは前作の「クールの誕生」の影響がうかがえますが、
ドラムにアート・ブレイキーが入ったこともあり演奏が熱気を帯びています。
当時19才だったジャッキー・マクリーンの演奏も瑞々しくてなかなか良いですね。
マイルスはミュートは使わずにオープンでプレイしており、
理屈ぬきで良いアルバムです。
僕は特に2曲目のIt,s only a paper moonが好きです。
追伸 yasさんへ。このアルバムではソニー・ロリンズがフューチャーされていますよ。
DIG←ここで試聴できます。
[PR]
by caymmi1 | 2007-10-16 21:23 | 雑感

試し撮り 山の風景

先日に引き続き試し撮りです。
今度は山の遠景と逆光条件下の撮影でした。
今回はフォトショップのお世話になり、
覆い焼きと言われる手法を用いました。
今は簡単にPC上で操作できますが、昔は印画紙に焼く時に
暗室で行わないといけない作業でした。
ともあれ、一見つぶれている状態でも割と映像の情報は入っているものです。

木漏れ日が心地良かったですが、カメラにとっては辛い条件です。

f0107517_16272382.jpg


テレ側の最大倍率です。(35mm換算で420mm)場所は吉成から見た泉が岳です。

f0107517_16305833.jpg


箱根駒ヶ岳です。これも最大倍率です。コントラストがどうしても薄くなりますが、
当日の気象条件によるところもあります。
シャドウ部の調整を行いました。
f0107517_16342512.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2007-10-15 16:37 | 花 風景 旅 美術

LUMIX DMC-FZ1の印象

デジタルカメラの進歩は日進月歩で、
いまや1000万画素が当たり前になりました。
しかし、いまだにM型ライカやコンタックスを愛用している方も
多くいらっしゃいます。
LUMIX DMC-FZ1は松下電器が独エルンスト・ライツ社と提携して
2002年に発売されました。
コンパクトカメラでありながら、大口径で、ズーム比12倍のレンズを
搭載した本機はまるで「ミニ一眼」で、非常にコンパクトです。
日本のメーカーならば、画素数を目一杯にし、レンズを沈銅式にするのでしょうが、
話によるとライツ社はレンズに非常にこだわり、特に解放F値を限界まで上げるよう
な設計にしたそうです。
画素数が今となっては200万画素と、携帯電話のカメラと変わりないため、
中古でも1万円台で売っていますが、WEB用と割り切ればまだまだ使えます。
使ってみた印象で良いところは、

1.グリップが良く、一眼レフと同じような使用感。

2.コントラストが良いレンズ(バリオエルマリート)

3.光学式の手ぶれ補正機能の威力

またあまり感心しない所は、

1.露出補正がわかりにくい。

2.ハイコントラストに弱く画質が低下する。

3.レンズフードをつけたままフラッシュ撮影をすると広角側でケラレを起こす。

4.やや色の薄いものはピントが合いずらい

こんなところでしょうか。また、僕らのようにアナログ写真に親しんだものにとっては、シャッタースピード優先モード、絞り優先モードを付けて欲しいですね。
このカメラはレンズが大口径なので、レンズを傷つけやすいのです。
ですので必ずMCフィルター(プロテクター)とレンズフードは付けて撮影することを
お勧めします。多くの方はフィルターをしないで撮影していらっしゃいますが、
レンズはカメラの命ですから、必ずつけるようにしたいものです。今のレンズは
MCコーティングが必ずしてあるので、昔みたいにUVフィルターの必要性が
ないのでしょうね。
撮影上では、まず露出補正を条件にあわせて事前に設定すること、
今回は花を撮りましたが、露出は-2/3EV(設定は1/3単位)で
露出はアンダー目に設定し撮影時にあたってはポートレイトモードにし、
なるべく絞りを開けるようにしました。
またオートブラケットが使えますので、撮影条件がつかめないときは、使用すると
良いでしょう。
また今回は手持ちで撮影しましたが、蘭などを室内で撮影する場合は、
光量が足らず、解放でも1/30以下になってしまいます。
こういう場合は三脚を使用した方が良いと思います。
またISO感度は固定にしておいた方が安心です。
今回、使ってみてわかりましたが、デジカメとはいえ基本は同じでした。
僕の伯父はカメラマンでしたが、シャッターは鉄砲の引き金と同じ!
光は惜しんで使え!被写体をじっくり見ろ!と言われましたが、
今になって良くわかります。
次回は遠景を撮ってみようと思います。
※訂正。独エルンスト・ライツ社ではなく、ライカカメラ社でした。お詫びして訂正
いたします。
 

f0107517_14303978.jpg


f0107517_14313168.jpg


f0107517_14324322.jpg


f0107517_14441455.jpg


おまけ。今日は肌寒かったのでコーヒーを飲んじゃいました。またこの次ね!

f0107517_14451380.jpg


おっと、デンファーレのクローズアップ忘れてました。ごめんね蘭さん。

f0107517_14524993.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2007-10-14 14:48 | 花 風景 旅 美術

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30