僕がブログ「3月の水」を偶然みつけたのは去年のことでした。そうしてこのブログを通して、
様々な方々と出会うことが出来ました。
僕がブログを始めるきっかけにもなりました。
究極の出会い系サイトかなあ(笑)。
このサイトがきっかけで出会った方々は、
クリントンさん。オザキさん。Yukikoさん。でしたが、渋谷宇田川町にあるbar bossaの林さん。
いずれも素晴らしい方々です。そして大切なアミーゴとアミーガです。また、まだお会いできてませんがmaxiさんともお会いできればとてもうれしいですね。
どうも僕は神様に導かれているような気がします。(笑)


f0107517_0325693.gif
f0107517_0332329.gif



皆様にとって良きクリスマスになりますように!
[PR]
by caymmi1 | 2006-12-18 00:36 | 雑感

この一週間は、仕事が大変で(言い訳 笑)、
ブログの更新が遅れてしまいました。
そのため予定していた事が思うに任せず、
各方面にご迷惑をかけてしまいました。謹んでお詫び申し上げます。
さて、先日のブラジルのフッチボールの件です。
1894年、イギリスの陸軍将校が伝えたと書きましたが、
正確には、イギリスに留学していたブラジル人留学生が、
ルールやボールを本国に持ち帰った。というのが正しいようです。
お詫びして訂正します。
日本では諸説ありますが、19世紀末には紹介されています。
あまりブラジルと時期は変わりませんね。
1934年イタリア大会はムッソリーニ政権の宣伝の場に使われました。
国威発揚と言う訳です。
1938年フランス大会には日本もエントリー(当時はエントリー制だった。)
しましたが、日中戦争の影響で棄権してしまいます。
1950年ブラジル大会も日本とドイツは敗戦してFIFAを脱退していたため
参加出来ませんでした。この大会からトーナメント方式からリーグ戦に移行
します。
歴史にもしはありませんが、戦争が無ければ随分かわっていたでしょうね。
[PR]
by caymmi1 | 2006-12-17 08:50 | 歴史

この間、ちょっとブラジルのフッチボール(サッカ−)に興味を持ち、
調べものをしていました。
1894年にイギリスの将校が、ブラジルにサッカーを紹介したとありました。
以外に新しいんですね。
ちょうどこの頃ブラジルでコーヒー栽培が盛んになり、
ヨーロッパ(イタリア、ドイツ、スペイン、ポルトガルなど)諸国を
中心に移民が数百万人も労働力としてブラジルに導入されました。
1930年ヴァルガス大統領は政権をとり、ブラジルの工業化を押し進めます。
しかも独裁的なやり方でした。(これは改めて記事をUPします。)
そこで、ナショナリズムを高揚する必要が出て来ました。
ちょうどワールドカップの初回の大会がウルグアイで開催されました。
第二次大戦の中断をはさみ、1950年ブラジル大会でブラジルが準優勝、
1958年スェーデン大会では優勝しました。
この頃、ブラジルは工業化が進み、音楽ではボサノヴァが流行し、
ブラジル人はフッチボールに熱狂しました。
ヴァルガス大統領は1954年に自殺しますが、
1950年のブラジル大会むけに巨大なマラカナンスタジアムを建設するなど、
国家としてフッチボールを支援しました。
どうやらフッチボールはブラジル人のアイデンティティーの確立に役にたったようです。


建設当初は20万人の収容人員を誇った、マラカナン競技場




f0107517_8562384.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2006-12-11 08:56 | 歴史

鶏のうどんすき

今日の仙台地方は一日を通してほぼ0度(セ氏)。
別な記事をUPする予定でしたが、
あまり寒いので、急遽予定を変更して、
身体が暖まる料理をUPすることにしました。

使うもの 骨付きもも肉500g位(鶏肉)、昆布、白菜、セリ、ネギ、酒、塩、ポン酢、たまうどん

1.大きい鍋に昆布を入れ、沸騰する前に引き出す。

2.その鍋が煮立ったら、鶏肉を入れ、白くなったら土鍋に汁と鶏肉を入れる。

3.土鍋に酒小さじ一杯を入れ、白菜と共に煮る。

4.鶏肉と白菜に火が通ったら、小口切りにしたネギとせりを入れる。

5.ふたをして1〜2分経ったら、食べ時です。(ここにある分量は3人前くらいです。)

個人の好みもありますが、だいたい白菜が1/4、ねぎ1本、せり1わ、の目安です。

ポン酢を付けて召し上がって下さい。汁が余ったら、ご飯を入れ雑炊にしても良いです。
※鶏肉は火が通りにくいので、冷凍のものは必ず解凍してから使用して下さい。
また、ブロイラーは多少臭みがあることがあります。その場合は日本酒に浸けておくか、生姜を入れると臭みがとれます。

少し年期の入った土鍋ですいません。



f0107517_18324544.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2006-12-09 18:32 | 日々のおかず、料理

自分の家から夕日を眺めていたら、
Guiさんが空が好きだと言うことを思い出しました。
そこで今年のお仕事ご苦労さん!
の思いを込めてGuiとYukikoさんに画像のプレゼントです。

家の庭から見える夕日。電線が邪魔か。

f0107517_22191361.jpg


家のすぐそばの山の晩秋

f0107517_22202535.jpg


秋保(アキウと読みます)大滝。そのものがご神体です。
もやもやとした日本独特の風景です


f0107517_22221393.jpg



大滝不動尊です(もともとはインドの神様ですが、いつのまにか日本の神様と仏様の一種になってしまいました。)

f0107517_22281032.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2006-12-04 22:28 | 花 風景 旅 美術

鰤の料理いろいろ続

前回、あらの煮付けをUPしましたが、
今日の夕食は、鰤(いなだ)の酢しめの刺身を作りました。

1 酢に昆布をいれ塩をする。

2 おろした身を3時間くらい1に浸す。

3 身を引き上げ、皮を引き中骨にそって包丁を入れる。

4 毛抜きで骨をとり、尾のほうから削ぎ切りにして皿に盛りつける。


へたくそな盛りつけで申し訳ありません。



f0107517_18571187.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2006-12-03 18:57 | 日々のおかず、料理

鰤の料理いろいろ

昨日、仙台朝市でいなだ(鰤の小さいもの)が350円だったので、一本求めました。
身は刺身にするとして、あらを料理することにしました。

※必要な物 鰤のあら、しょうゆ、酒、砂糖、しょうが、落としぶた。

1 浅い鍋にしょうゆ大さじ一杯、酒小さじ一杯、味醂少々、砂糖少々をいれ中火で煮立たせます。

2 内蔵をのぞいた中骨、梨割りにした頭などを入れ、落としぶたをする。
(このとき落としぶたがなければ、アルミホイルを代用して下さい。

3   4、5分で火が通りますので、一旦火を止めしょうがを一欠け入れて、味をなじませます。

4 食べる直前に加熱して、頂きましょう。

※今回は自分で3枚おろしにして、頭を梨割り(左右に頭を包丁で切る)にしましたが、慣れないと難しいので魚屋さんに頼めばあらを取ってもらえます。ただ捨ててしまう魚屋さんもいるので注意して下さい。また、最近スーパーでも魚やさんが入っていますので(デパ地下も)、あらだけ売っているところもあります。応用料理として、ぶり大根(大根を別に茹でて、煮汁を薄めて一緒に煮て下さい)もあります。


いなだとふぐ


   
f0107517_10473715.jpg




出来上がりの写真


f0107517_10482628.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2006-12-03 10:48 | 日々のおかず、料理

以前僕の勤めていた、自動車部品会社には多数のブラジル人
労働者が働いていました。
群馬や静岡では自動車関係の職場が多いため、数万人も居住しています。
短期で母国に帰る人もいますが、
多くは母国の経済状態の悪さ(最近少し良くはなったそうです。)
から帰るに帰れない人達が大半です。
在日ブラジル人は現在30万人程で、その多くが工場で働いています。
ところが、日本生まれの在日ブラジル人の教育の問題があります。
ポルトガル語を読み書き出来ない子供が急増しており、
母国の文化や歴史を知らない子供が、ブラジルに帰っても適応できない人が
増えているようなのです。
僕の経験ですが、ブラジル人は総じて真面目で残業もこなしています。
日本の物作りに貢献しています。
日本人の中にはポルトガル語を「気味が悪い」という人もおり、
僕の住んでいた鴻巣市でも在日ブラジル人は目立たないように暮らしています。
今の日本にはブラジルのイメージはアマゾンとカーニバルくらいしかなく、
カーニバルにいたっては女の子の裸踊りと勘違いしている人も多いです。
今の日本に住んだいたらブラジルに対し誇り(サッカー以外)は持てないのでは無いのでしょうか。
スェーデンでは必ず移民に対し母国語教育をしていると聞きます。
また日本人は日本人が苦しい時代に移民を受け入れてもらっています。
もっとブラジルのことを知ってもらえればと日々思っています。
少しでもこのブログが役にたてればと思います。

     「秩序と進歩」と書かれた国旗

f0107517_9213345.jpg



      首都ブラジリアの国会議事堂

f0107517_9225691.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2006-12-02 09:23 | 雑感

ブラジル音楽中心の雑感