前回は雑音や歪みのお話でしたが、
初回にディジタルは暗号みたいなもの。と書きましたが、
二進法から十進法に直す時たとえば

    0.15→0   0.85→1

のように小数点第一位を四捨五入すれば
元の通りの数字に「翻訳」できますね。
これでめでたしめでたし・・・
といけば良いんですが。
忘れてました。ディジタルは離散量といいましたね。
実はとりこぼしがあるのです。
「レゴブロック」というのをご存知でしょうか。
あれで車や家を作ったらちょうどそれらしくみえるでしょう。
少し乱暴ですが、ディジタルはそのようなものです。
少しわかっていただけたでしょうか?
ではまた。
[PR]
by caymmi1 | 2006-10-31 17:12 | 雑感

ディジタルのお話 また

また前回の続きです。
先日は二進法のお話でした。
コンピューターでは、計算をするときには、
二進法を使う。所まで行きました。
さて今回は雑音と歪みのお話です。

   雑音→元の電気信号に余計な電気信号が加わること(−信号も)

   歪み→元の電気信号の波形の形が歪むこと

なんですが、アナログ信号だとそのまま再生されてしまいます。たとえば、
LPだとレコードのゴミが雑音として音に現れます。
また、アンプ(増幅器)の性能によっては波形が正しく再現されないことが
あります。これが歪みですね。
また画像だと、画面の乱れや、ゴーストとして現れます。
これらが、「音が悪い」「絵が乱れる」と言う事です(これだけでは無いですが)。
さて今回はここまでにしておきましょう。
[PR]
by caymmi1 | 2006-10-30 07:08 | 雑感

ディジタルのお話 続

さて、前回の続きです。
ディジタルというのは実は暗号みたいなものです。
我々は数を数える時に十進法をつかいますね。
コンピューターの世界では(今の所)二進法を使います。
たとえば 

    十進法    二進法

     0      0

     1      1

     2      10
  
     3      11

     4      100

となるわけです。どうしてこんな方式をとるのでしょう?
簡単にいうと、電子回路の都合なんですね。
つまり、
     
      スイッチがoffの時→0

        〃   onの時→1
このようにしたら都合良くコンピューターで計算が出来ると言う
訳なんです。そして表示する時、十進法にもどして表示します。
そう、ここが味噌なんです。
ふうーっ少し疲れました。この続きはまた次回にしましょうか。

(二進法の一部間違っていました。訂正しました。)

 
[PR]
by caymmi1 | 2006-10-29 07:57 | 雑感

デジタルのお話

普段この言葉は、毎日と言って良いほど聞きますね。
しかしながら、正確な意味を知っている方は少ないのではないかと
思います。
先日お気に入りのLPの記事をUPしましたが、
LPとはアナログ音源です。
CDとはディジタル音源です。
では今流行のIPodは何でしょうか?
ディスクはありませんよね。
去年、僕が会社の採用試験のお手伝いをした時、
正確に答えた方は、40名中たった一名でした。
(全て理系の学生でした。)

正解は ディジタル → 離散量
    
    アナログ  → 連続量

これが情報学上のディジタルとアナログの定義です。
でもこれじゃあなんのことやら解らないですよね。
一般にはディジタルは音が良いとか、絵がきれいだとか
言われていますね。なぜなんだろう?
このブログでは次回より3回くらいにわけて、
この疑問に答えたいと思います。
え、誰の疑問だって?
あ、すみません僕の疑問でした。失礼

 
[PR]
by caymmi1 | 2006-10-22 10:31 | 雑感

昨日に引き続き、お気に入りのLPです。
僕はコレクターではありませんので、持っているレコードは200枚
くらいしか持っていません。ですから同じLPを何回も聴きます。
MPBとボサノヴァも区別はしません。
でも自然と良くきくものは決まってしまいます。


「トッキーニョとヴィニシウスの10年」
詩人で外交官だったヴィニシウスとトッキーニョのコラボレーションアルバムです。
これを特にボサノヴァだとは思わないのですが、やはり世間的には
素晴らしいボサノヴァなんでしょうね。
ヴィニシウスの渋い声とトッキーニョのギターの掛け合いが良いです。


f0107517_191553.jpg


「LIVE97 向井滋春 モーニングフライト」
1981年六本木ピットインでの向井滋春さんのライブです。
この時モーニングフライトというグループを率いていました。
日本を代表するブラジリアンサウンドを奏でるバンドでした。
この中でRECADOという曲がありますが、
ヂャルマ フェヘイラという作曲家のものです。
しばらく前、某タバコメーカーのCMでイーディ ゴーメが
歌っていて評判になった曲です。このレコードはCD化を望みます。
それほど素晴らしいレコードです。


f0107517_1932360.jpg


「bossasession」
シルビア テリスのエレンコ盤です。この人は独特の色気のある
歌声で僕のとても好きな歌手の一人です。このレコードを聴くとなぜか
ほっとします。さすがはエレンコらしい音になっています。


f0107517_19375581.jpg



今回はボサノヴァ中心になってしまいましたが、サンバ、MPB、ショーロは
改めてUPします。
[PR]
by caymmi1 | 2006-10-18 19:40 | ブラジル音楽

LPレコードが姿を消してから、もう20年近くになりました。
でも決して音が良くない訳ではありません。
僕はCDの仕事をしていたので良くわかります。
アナログとデジタルの違いは改めてUPします。
今回は僕の大事にしているLPレコードを紹介します。


ナラ・レオンが1985年にホベルト・メネスカルと来日した時、ナラ・レオンさんに、
サインを頂きました。「NARA&MENESCAL」というレコードです。ギターの弾き語りで、
とてもシンプルな良いレコードです。つまりナラとメネスカルさんのギターに、
歌がのっています。残念ながら、この四年後亡くなりました。
とても笑顔が素晴らしく、チャーミングな方で気さくにサインにも
応じて下さいました。この時のライブはホテルの宴会場で行われましたが、
中原仁さんもいらして下さっていて、少人数でしたがとても良かったです。
メネスカルさんには堤焼きの鳩笛をプレゼントしましたがとても喜んでいました。
ナラさんのギターが素晴らしい夜でしたね。


f0107517_1745502.jpg




どうしてもレコードが欲しくて各地を探したものです。
「CAYMMI VISITA TOM」というレコードですが、
カイミ一家のところをジョビンが訪問するというコンセプトが良いです。
なんと大阪で見つけました。

f0107517_17553090.jpg



続きはまた明日です。
[PR]
by caymmi1 | 2006-10-17 17:56 | ブラジル音楽

蔵王の秋

前回に引き続き、山の写真をUPします。2年前の秋に撮影しました。
撮影データーは忘れましたが、CONTAX の一眼レフ(銀塩写真)で、
レンズはPlaner 50mm F1.7だったと思います。
滝の写真は「不動の滝」と言い、それ自体がご神体です。
仙台から256号線経由で、渋滞がなければ1時間くらいで着きます。


不動の滝です。撮影した時は空いていました。

f0107517_6495869.jpg



アングルを縦位置にしました。

f0107517_6514435.jpg




まだ紅葉は始まったばかりです。

f0107517_6532438.jpg



山頂は荒涼とした風景です。風が強く、寒いです。夕方時のため、寒色系のフィルター
で補正しています。

f0107517_655174.jpg



蔵王は今月いっぱいまで見頃ですが、山頂の方はもうかなり寒いです。
夕方以降は路面の凍結や降雪の場合もありますので、ご注意を。
ふもとの青根温泉や遠刈田温泉には日帰りで利用できる温泉が結構ありますので、
お気軽にお越し下さい。
[PR]
by caymmi1 | 2006-10-13 07:04 | 花 風景 旅 美術

秋の滝

錦繍の秋にはまだ早いのですが、写真を整理していたら滝の写真がでてきたので、
UPすることにしました。
アナログ(銀塩写真)をスキャナーに取り込んで処理しました。
処理する時の設定のせいで少し粗いのですが、
アナログ写真ならではのコントラストの高い写真をお楽しみ下さい。

自宅から40分程で行ける仙台市泉区にある山の紅葉です。一昨年撮影しました。

データ CONTAX RTS Planer 50mm F1.7 f8 1/1000


f0107517_7485378.jpg


11月初めの紅葉です。少し露出を抑えて撮影しました。


データ CONTAX RTS Planer 50mm F1.7 f5.6 1/250


f0107517_755045.jpg


こちらは、別な場所を露出を変えて撮影しました。


次は仙台市の南西部に秋保温泉がありますが、秋保大滝と言う観光スポットが、
あります。ここの紅葉も良いです。

データ CONTAX RX Distagon 28mm F2.8 f8 1/125

f0107517_865477.jpg



レンズを変えて滝の先の青葉を入れて見ました。

データ CONTAX RX Planer 50mm F1.7 f5.6 1/250


f0107517_8105078.jpg



印象が随分違いますが同じ場所です。


以上 データが重くてごめんなさい。次回は蔵王の秋の写真をUPします。
[PR]
by caymmi1 | 2006-10-12 08:14 | 花 風景 旅 美術

GUI TAVARES来日公演

ブログ仲間の英国ボサノヴァ魂さんよりトラックバック頂いたのですが、
彼女のお師匠さんであるGUI TAVARESさんが11月16日に来日公演されます。
詳しくは拙ブログ10月1日のトラックバックを参照して下さい。
僕は彼のリーダーアルバムの「アミーゴス&フレンズ」を聴きましたが、
アレンジが秀逸で、ゲストのミュージシャンが素晴らしい(トニーニョ・オルタ、ホベルト・メネスカル等)です。そうですね、カエターノの歌声にも似ていますが、
音楽的にはミルトン・ナシメントに近いものを感じます。
今回はバッキングボーカルにYukikoさんがいらしゃるということで、すごく期待をしています。
僕ももちろん行きますが、これをご覧になっている皆さんにもおすすめしておきます。

アミーゴス&フレンズのジャケット画像


f0107517_17293193.jpg



HMVやタワーレコードで入手可能です。
[PR]
by caymmi1 | 2006-10-07 17:31 | ブラジル音楽

10月に入り、ブログの更新が遅れ勝ちになって申し訳ありません。
さて今回はブラジルの共和制に入る前に少し自分の考えを述べてみたいと思います。
いままで述べてきたように、ブラジルは独立したとはいえ、
植民地経済体制から脱していません。

アメリカ合衆国も1851年から南北戦争が始まり、奴隷でなりたっていた南部諸州と工業化が始まっていた北部諸州が対立し、北部が勝って奴隷制度が廃止されます。

ではブラジルではどうでしょう。ブラジル皇帝ペドロ2世は、1888年奴隷解放令を、
出しますが、結果的にこれが帝政が終わるきっかけとなりました。
つまり、奴隷制度のもとに経済がなりたっていたため(コーヒー園の労働など)、
リオ周辺の農場を除き、大部分は経営がなりたたなくなりました。
そのためブラジルでは帝政打倒の運動が起こり、軍人が中心となり革命政権が誕生します。

フランス革命とは異なり、市民革命が起こったわけではありません。
共和制もヨーロッパ諸国とは意味が違います。
ひとことで言えば「ラテンアメリカ的」ということでしょう。
封建社会が育たなかったのも理由のひとつでしょうし、
「賃金制の労働者」が現れなかったのも理由のひとつです。

元パウリスタ新聞の記者の田尻さんによると、「イベリア的労働観」が近代化を
妨げたと述べています。
つまり、労働は奴隷がやるものであり、自由人は働かなくても良いとの考え方が、
イベリア的労働観だと言うのです。
少し厳しい見方かなとも思うのですが、より真実に近いでしょう。
 

本日のオマケ画像



f0107517_13584218.jpg



超有名なキリスト像です。たまには良いですね。
[PR]
by caymmi1 | 2006-10-07 14:02 | 歴史

ブラジル音楽中心の雑感