<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ブラジル通史 10 1824年憲法

今日は帝政の憲法の話です。

ブラジル帝国のペドロ一世は、1824年に憲法を制定します。これは欽定憲法で、一部自由主義的性格があるものの、全体として皇帝に強い権限を与え、中央集権的性格が強いものでした。

 政体          立憲君主制(世襲)

 皇帝の権限       1)議会の召集と解散。
             2)県知事、県警察長官、陸海軍司令官、大使、対外使節、
               治安判事、司祭などの任免
             3)恩赦
             4)外交交渉
                                       以上に加えて、司法、立法、行政の三権を超越した、調整権と呼ばれる第四権の皇帝の行使が認められていました。また下記の特徴があります。

※皇帝はその政治的行為について責任を追及されることはなく、枢密会議に補佐される。

※立法府は上下両院からなる二院制で、その議員は間接選挙による。また上院の三分の一は皇帝が任免する勅選議員である。

何となく大日本帝国憲法を彷彿とさせる内容ですね。ともあれこの憲法は1889年の共和革命まで効力を持ち続けます。


本日のオマケ画像


ミナスの風景


f0107517_744241.jpg




今日はコスモスを撮りに行きます。お楽しみに。
[PR]
by caymmi1 | 2006-09-24 07:47 | 歴史

ブラジル通史 9 第一帝政

本日はブラジル通史です。やっと帝政に入りましたが、ブラジルの教科書では、
まだ半分です。どうかひとつ付き合ってくださいませ。
※帝政期のブラジル
ブラジルは独立して帝政となりました。ペドロ一世と2世であわせて68年も帝政が続きました。帝政が比較的スムースに運営できたのは、ポルトガル王室の権威がそのまま引き継がれた事があるでしょう。また1822年アメリカ合衆国がブラジルの独立を承認し、またポルトガルには英国が圧力をかけ、独立を認めさせた事もあります。ペドロ一世は1824年憲法を制定しましたが、国内の人種的統合には失敗し、失脚します。当時のブラジルの全人口は約380万で内訳は白人104万人、混血50万、黒人193万、その他インディオでした。ブラジルの社会は基本的に奴隷に依存した社会であり、新教国と違って奴隷制度を嫌悪する世論もありませんでしたので、人種的統合はこの時点では無理でした。

さて次回は1824年憲法です。
[PR]
by caymmi1 | 2006-09-19 10:02 | 歴史

日本の8月

もう9月も半ばですね。
今年の夏はいかがでしたか?
もう何年も前から思っていたことですが、
日本の8月は「死」が身近に感じられる季節です。
まず、広島、長崎の原爆投下、
お盆、そして8月15日の終戦記念日。
でも8月15日は日本が降伏した日ではありません。
米国艦ミズーリの艦上において、日本国政府代表と帝国陸海軍代表が、
降伏文書に署名したのが9月2日ですので、
本来はこの日が終戦いや敗戦記念日となるべきでしょう。
また、8月は高校野球がありますよね。
野球というスポーツもまた、
生死が交錯するスポーツだと思っています。
そして9月は彼岸があり、
秋の長雨をへて、実りの秋が到来します。
東北地方にお住まいの方はご存知と思いますが、
秋には芋煮会がおこなわれます。
これはミクロネシアに広く見られるタロイモ文化が、
日本に到来したことの証拠だとの説があります。
他に京都の「いもぼう」が伝播したともいわれます。
そういえば会津の魚やさんの店先には棒ダラがおいてあります。
あ〜芋煮会が楽しみだなあ。
いつのまにか食べ物の話になってしまいました。
すいません。m(_ _)m
[PR]
by caymmi1 | 2006-09-16 19:40 | 雑感

泉ヶ岳でキツネと遭遇

今日、用事があって泉ヶ岳(仙台の北西部の山1172m)に行き、
ついでに沢水(場所は秘密)を汲みに車をとめました。
なんか視線を感じまして、ふりむいたらな、なんと
キツネがいるではありませんか!
犬かなあとも思いましたが、
明らかに違います。
全然逃げません。
3メーターくらいの距離を保って
ちょこんと座っています。
まるでお稲荷さんのようです。
一瞬エサをあげようかとも思いましたが、
野生の生き物に餌付けをするのは、
一番いけないことと思い直しました。
「山へお帰り」と言いましたら、
しばらくして帰っていきました。
新美南吉のごんぎつねを思いだしました。
でも泉ヶ岳は昔から食料が豊富で、
熊が出る事もめったにありません。
ゴルフ場がなく、
農薬の被害がないからだそうです。
残念ながら今日は天候が悪く、
画像がありませんが、
今度コスモスを撮りに行こうかなあと
思っています。
それにしても餌が乏しいのでしょうか?
てぶくろを買いにきたのかな?
このブログをご覧になっている皆さんも
野生の生き物に餌を与えないで下さい。
お願いします。
[PR]
by caymmi1 | 2006-09-12 18:54 | 仙台観光

定禅寺ストリートジャズフェスティヴァル16th

本日、仙台は定禅寺ストリートジャズフェスティヴァル16th
が開催されました。
ブログ仲間のクリントンさんがやっている
The midium rare bandを聴きに行って来ました。
残念ながら画像はありませんが、
曲名をUPしておきます。
1 マシュケナダ

2 ワンノート・サンバ、おいしい水メドレー

3 ジェット機のサンバ

4 フライミートゥーザムーン

5 ドリーマー

6 イパネマの娘、ソ・ダンソ・サンバのメドレー

7 トリステーザ

一番前にすわっていたためPAがきつかったですが、
ふりかえってみると沢山のお客さんが・・・
納得しました。トリステーザのみサンバで、
他はいずれもボサノヴァの名曲でした。
元気があって良かったですよ。

アジュール仙台





f0107517_18314036.jpg


このビルの1階のオープンスペースで行われました。



定禅寺通りに面しているファションビルです。


f0107517_18352219.jpg




公園のなかもこんな感じです。

f0107517_18402913.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2006-09-10 18:43 | ライブの感想

日本人と宗教2

※明治期のキリスト教
明治期にキリスト教が解禁されると、カトリックやプロテスタントの諸派が教会、学校、病院などを次々に創設していきました。(イエズス会の上智大学など)260年におよぶ徳川政権下で、仏教はかつての力を失い、廃仏毀釈運動もあり衰退していきます。ただし、浄土真宗本願寺派(西本願寺)22代門主大谷光瑞は明治後期より、大谷探検隊による西域探検や海外伝道、従軍僧の派遣など教団の近代化に努めます。しかし全体としてはキリスト教諸派の方が高等教育、女子教育、医療機関の設置、困民救済など日本社会に果たした役割は大きなものになりました。しかし、日本ではキリスト教徒は日本の人口の1%前後にとどまっていますが、韓国は実に人口の4分の一、中国でも人口の5〜10%と言われています。単純に数値だけで比較はできませんが、明治いらいあまり数字は動いていないようです。全世界ではカトリック、プロテスタント、ロシア正教(東方教会)その他を合わせて約21億人と言われています。禁止されているわけでもないのにキリスト教徒が増えないのは何か理由がありそうです。


大浦天主堂(長崎)


f0107517_3462193.jpg


明治初期に建てられた教会で、国宝です。別名フランス寺と称されています。
[PR]
by caymmi1 | 2006-09-09 03:48 | 雑感

日本人と宗教1

※日本人とキリスト教

キリスト教と日本人の関わりは、15世紀イエズス会士フランシスコ・ザビエルが布教を開始してからです。日本人にとっては啓示宗教は初めての関わりだったと思います。それ以前6世紀に仏教が大陸(百済)から伝来しましたが、信仰のためというより学問として受容していました。特筆すべきは宣教師の教義を聞いたのみで入信した日本人が存在したことです。不幸な事に16世紀禁教令が出され、明治まで布教が出来なくなりました。
※日本における仏教の変容

それではなぜ、日本人の一部が教義のみでキリスト教に入信したのでしょう。私見ですが、仏教の民衆化が理由のひとつではないかと思うのです。飛鳥時代に百済から伝来して以来、官製の学問であった仏教が日本の思想として独立し、鎌倉時代には一遍宗、浄土宗、浄土真宗、日蓮宗、臨済宗、曹洞宗などの教派が生まれます。ここにおいて仏教は大きく変容し、民衆の救済ということを各教団は題目にします。ここで重要なのはいずれも天台宗(一遍宗の一遍は延暦寺出身ではないが、天台系の寺で修行。)から派生しています。このことは今後の私の研究テーマとして勉強を続けていきたいと思います。

比叡山延暦寺 根本中堂



f0107517_17224774.jpg


滋賀県にありますが、京都市のすぐ近くです。比叡山と言うと大変な山みたいですが、実際にはちょっとした岡くらいな感じです。



蓮華王院 (三十三間堂)


f0107517_17374045.jpg


平清盛によって立てられました。数百体の仏像で天台密教の思想を表しています。
京都駅から徒歩で15分くらいです。なお内部は撮影禁止ですのでご注意を。
[PR]
by caymmi1 | 2006-09-08 17:53 | 雑感

ブラジル通史 8 ポルトガルの危機とリオ遷都

久しぶりにブラジル通史です。

19世紀ヨーロッパではナポレオンが勢力を伸ばし、ポルトガルに対しイギリス船の入港禁止、対英宣戦布告、ポルトガルのフランス軍編入を要求しました。もはや英国無しでは立ち行かなくなっていたポルトガル王室は英国艦隊の護衛のもとリオ・デ・ジャネイロに遷都します。時に1807年でした。今日のブラジル人のポルトガルに対する優越意識はおそらくこのことが原因なのでしょう。
ところで英国はブラジルに対し通商条約を結び、英国の商品の関税をポルトガル商品の1%低い15%に設定します。これによりブラジルは英国の商品で満たされ、ポルトガルのブラジル支配は事実上終わりになります。1815年ナポレオンは敗北し、ウィーン条約によりヨーロッパはフランス革命以前の状態に戻りましたが、ブラジルは「ポルトガル・ブラジル・アルガルヴェ連合王国」になりブラジルは独立国になりました。


ブラジル初代皇帝ペドロ1世


f0107517_21293113.jpg


その後ブラジルは帝国になり、ペドロ1世が即位します。
[PR]
by caymmi1 | 2006-09-06 21:31 | 歴史

美術の秋  

まだまだ残暑がきびしく、まだ美術の秋には少し早い気はするのですが、機会を逃してしまうのもいやなので、記事をUPします。
※オールドマスター 西洋において油絵以前の絵画。ルネサンス期(15世紀)のイタリアなどの絵画で、ジオット、フラ・アンジェリコ、ボッティチェリなどの人達を「オールド・マスター」といいます。日本では国立西洋美術館(東京 上野)に比較的多くの作品があります。主に宗教画が中心で、技法的にはテンペラ(卵などを定着剤として使う画法)画が中心です。

フラ・アンジェリコ「受胎告知」

 
f0107517_8481313.jpg


日本では印象派のファンが多いですが、この秋に一度お出かけになってはいかかでしょう。テンペラ画といえば、現代の作家ではアンドリュー・ワイエスが有名です。日本では福島県立美術館に多くの作品があります。

福島県立美術館

f0107517_8561861.gif


福島市内にありまして、こじんまりとしていますがなかなか充実しています。
ここも常設展は空いていてゆっくりと鑑賞できます。ベン・シャーンや速水御舟、松本竣介などがあります。

速水御舟


f0107517_94517.jpg



松本竣介


f0107517_945119.jpg



印象派ではカミーユ・ピサロなどがあります。

f0107517_964850.jpg


最近では地方の美術館に優れた作品が収蔵、展示されています。福島は、温泉や果樹園が沢山ありますので、この秋の旅行に立ち寄られてはいかがでしょう。
[PR]
by caymmi1 | 2006-09-04 09:11 | 音楽一般

伴天連追放令 日本と西洋文明

16世紀、豊臣秀吉は九州平定の後にキリシタン伴天連追放令をだします。これには諸説ありますが、最近では日本人奴隷の売買や、ポルトガルが中国を植民地にすることを企図していたことが原因とする説が有力になっています。秀吉は九州に滞在した折りにガスパール・コエリョ神父と会い日本人奴隷の件で詰問をしています。また、武装した商船を見て、ポルトガル人の真意を看破しました。あわてた有馬や大友などキリシタン大名はコエリョに商船を秀吉に寄進するよう要請しますが、上手く行きませんでした。秀吉はポルトガルが明に対し植民地化の意図を持っている事を察したようで、イエズス会のゴア管区長あてに警告書を送っています。従来、秀吉の大陸侵出は明確な理由で説明出来ませんでしたが、先に明を占領することによってポルトガルの野心を挫く、と言う秀吉の思惑が明瞭に説明できます。実際には朝鮮に侵入するだけに終わってしまいましたが、家康により、この外交政策は引き継がれます。そしてより宗教色の少ないオランダと外交関係を継続していきます。ポルトガルは別な理由で大陸を植民地にすることはありませんでした。すなわち本国で改宗ユダヤ人を大量に追放した事、オランダがスペインから独立してインド交易に乗り出し、そのオランダにポルトガルから追放された改宗ユダヤ人が移住して、貿易を始めた事がポルトガルの国力を衰退させていったのです。


伴天連追放令が発令された後に長崎で殉教した26聖人の碑。(長崎市)

f0107517_1625441.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2006-09-03 16:27 | 歴史


ブラジル音楽中心の雑感


by caymmi1

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ブラジル音楽
花 風景 旅 美術
音楽一般
歴史
雑感
日々のおかず、料理
ライブの感想
仙台観光
お話、小説
未分類

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

第010回【ブラジル】番..
from 地球の裏側ニュース【ラテンア..
小論文の書き方を学ぶ。小..
from 小論文の書き方
大阪府興信所 (探偵・調..
from 大阪府興信所
年末のギフト用品
from プロが選ぶ本物の道具店ban..
トピック宅配便
from トピック宅配便
インディアンシャンプー ..
from インディアンシャンプー 評判..
巫女ユニット「木花開耶」..
from ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道
ストレスと髪の関係
from 育毛サポートweb
育毛剤ランキング
from 育毛剤おすすめランキング
和服振袖留袖着物レンタル
from 和服振袖留袖着物レンタル

ライフログ

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
カメラ

画像一覧