カテゴリ:日々のおかず、料理( 58 )

ちらし寿司

今日は公休でした。
外は雪!?なので、久しぶりに料理でもするかなー?
何作ろう?そうだちらし寿司が食べたい!
んで作ってみましたー(笑)

f0107517_179633.jpg


ま、こんなところですかね。
本当はもっと具をたくさん入れたかったですう。
見栄えは大したことはないですが、美味かったですよ。
あー雑ですね盛りつけが。ま、いいか(笑)
[PR]
by caymmi1 | 2011-03-07 17:11 | 日々のおかず、料理

料理と水

最近はちっとも料理らしいことはしていません。
玄米や麦飯と少々のおかず、味噌にネギ。たまーに鶏肉の酒蒸しを作り、
薄く切ってご飯に乗せるくらいですかね。
おかげさまで、3kgくらい痩せました。まあ仕事のせいでもあるんだけど。

おかげで、野菜の味に敏感になりましたね。
肉食をしているとどうしても味が濃いので、
マスキングされてわからないのですね。
それと魚の味が濃く感じられるようになりました。

お浸しを食べたくなり少し作るのですが、あれは本当に素材と水の味が
左右されますね。鮮度の悪い野菜では美味しくありませんしね。

昔、父に連れられて山に行きました。
沢水の美味しかったこと!そしておばさんたちが
漬け物用の野菜を洗っていました。水道の水よりもっと
美味しくなるんだそうです。

水場は今もありますが、公表はしません。どうしてかというと、
必ずといって良いほど大量に
持って帰ったりする人が現れるからです。
水は山の幸って考えて良いと思います。
山など自然の幸はいわば銀行でいうところの利子と同じ事です。
荒らしてしまえば元を失っちゃいますよね。
山菜でも樹木でも生き物でも取り尽くしてしまわないことが
保護につながるんだなあと
僕は思っています。

「鎮守の森」ということで、はからずも
自然が守られて来たと思うんです。
そして里山は自然を利用して、また再生をさせて、
人々の生活に役立たせてきたと思うのです。

僕は自然の森に絶対手をつけちゃいけない!っていう
考えには反対です。山菜などには、ある地区では利用されているが、
ある地区では食べられてないってことも多いらしいんです。

これは食べられる、これは毒っていう人間の知恵を伝承するためにも、
山に入り感謝して頂くってことは重要だと思うのです。

昔、「ソイレントグリーン」というSFの映画を見た事があるのですが、
未来の世界では、「ソイレント社」が画期的な食品を開発し、
その街からは飢餓がなくなりました。
人々はその会社の製品を買い、飢えをしのいでいたのですが、
その「ソイレント社」はとんでもないことを思いつきます。
それは?といった内容です。

その映画では金持ちは途方も無い金額で「自然な」食品を食べていました。
(記憶がうろ覚えですが)。
「ソイレント社」は製法を企業秘密として公表しません。
それでこんな怖い話になるのですが。
機会がありましたらぜひ一度ご覧下さい。

f0107517_17115520.jpg


なにぶんにも古い映画ですが、主演はチャールトン ヘストン、エドワード G ロビンソンということです。
なんと、設定は2022年のニューヨークらしいです。
[PR]
by caymmi1 | 2010-04-24 17:14 | 日々のおかず、料理

金沢 心に響く味

今から20年も前、ふと金沢のおでんが食べたくなって、
仙台から一昼夜かけて行っていらい、
金沢の心に響くような味の世界に魅惑されています。
特に黒百合というおでん屋
さんが金沢駅のビルにあるのですが、ここのおでんは、通常考えるようなおでんではありません。
品格があるというのか、一品料理として独立している感じがします。

以前、5月に行ったとき、大根と筍を頂きましたが、想像していた味を超えた加賀野菜の味の深さを
実感しました。素材もさることながら、おでんというものに限りない愛情が感じられるものだったのです。
通常の家庭でつくるおでんとは異質な料理です。
いわゆるB級グルメというのでもないですね。「金沢のおでん」という料理というものだと思います。
もう5年も前になるのですが、一緒に行った息子が未だに「あのときの筍は美味しかった。」
といいます。単に味が良いというのではなく、心に響くような軽い衝撃があったということです。

このような料理は出来ないものかといつも思っています。
ただ単に美味しいものではなく、心に訴えるような料理はできないものかな?
と考えています。

美味しいとはなんでしょう?単に味が良いということではなさそうですね。
食べたとき、「ああ、美味しかった。満足した!」って思うのは、どういう時なんでしょうね。
もう少し考えてみようと思います。
[PR]
by caymmi1 | 2010-02-15 19:56 | 日々のおかず、料理

煮豚

皆様あけましておめでとうございます。
さて、今年のお正月料理は、黒豆、小豆、海老の塩焼き、茶碗蒸し、松前漬け、
お雑煮、煮豚等をつくったのですが、
今回は化学調味料を使わずにやってみようと思いました。

大きな寸胴鍋に鶏ガラ、生姜、長ネギ、酒、昆布で出汁をとり、
それをお雑煮や茶碗蒸しの出汁に使いました。
また海老の塩焼きを食べた後の殻を取って置き、
それを出汁に使いみそ汁にも使いました。

やはり美味しいのですが手間はかかりますねえ。
ま、お正月くらいは良いでしょう。

ところで今回は豚の角煮というか煮豚をつくりましたが、石油ストーブを買い替えた
せいか物の煮炊きには不向きになったため、
卓上こんろで何回かにわけて作りました。
ボンベを取り替えながら5時間以上かかりましたが、
なんとかできました。昆布、しょうゆ、酒、砂糖、生姜で焦げ付かさない様に
煮るだけですが、沸騰させずに煮汁が無くなるまでやると出来上がりです。
かなり力強い味の煮豚ができあがります。
バラ肉を使うため脂は途中で何回か取りますが、
それでもかなりカロリーはあると思います。
それを少しずつ頂く訳ですね。

f0107517_9542780.jpg


最近はこのような食味の強いものはあまり歓迎されませんが、
エネルギーをもらえるような感じがします。
ま、たまにはよいでしょう。
[PR]
by caymmi1 | 2010-01-02 09:58 | 日々のおかず、料理

かぼちゃプリン

たいしたこともできないまま、もう11月になってしまいました。
先々日なにも考えないままカボチャを買ったんですが、
そういえば「ハロウィン」じゃないですか!
そこで、「かぼちゃプリン」を作ってみることにしました。
家にタルトの型がありましたので、
ごく簡単に、かぼちゃ、砂糖、牛乳で作ってみました。
ほんとはいけないのですが、分量はぜんぶ適当です(汗)。

1かぼちゃを短冊に切りラップをして電子レンジでチンします。

2かぼちゃの皮をこそげ落とします。

3ボウルに卵、牛乳、砂糖を混ぜ、かぼちゃと一緒にフードプロセッサに入れ、ミキシングします。

4型に材料を入れ、オーブンを200度に余熱し天板に湯せんをし、湯せんにして約1時間焼きます。

5竹串を刺して、何もついてこなければ焼き上がりです。

※材料を裏ごししても良いですが、しなくても大丈夫です。

 
f0107517_82226100.jpg


あっという間に食べてしまいました。
[PR]
by caymmi1 | 2009-11-01 08:23 | 日々のおかず、料理

秋刀魚寿司

仙台の空はすっかり高くなり、
日々秋も深まってきました。
今日はなにを食べようか?
そうだ、秋刀魚だ。でも塩焼きではありきたりだなあ。
で、寿司を作ることにしました。
f0107517_234269.jpg


秋刀魚を三枚に開き、塩をし昆布を入れた酢に浸けます。
2〜3時間したら秋刀魚を引き上げ、骨をとり、皮をひき、
身を削ぎきりにします。
身を浸けた酢をご飯に混ぜ、ごまを振り、すし飯を作ります。
プラスチックの容器にラップをして、切った秋刀魚の身を
並べます。
その上からすし飯を入れ軽く押さえます。
冷蔵庫に入れ、1時間ほど味をなじませます。
容器をひっくり返して皿にとりますが、その際に包丁で切れ目
をいれておくと便利です。
皆様もお試しあれ。
[PR]
by caymmi1 | 2009-09-20 23:15 | 日々のおかず、料理

鰯のカルパッチョ

今日も鰯のレシピなんですが、
お許しを。
さて昨日、鰯を4尾買いましたが、
昨日のうちにパスタで2尾つかいました。
そして残りの2尾を酢、オリーブオイル、白ワイン、塩、胡椒、バジルに
浸けておきました。
今日はちょうど良いぐあいに浸かっています。
本当はカルパッチョでは無いような気もしますが、
そこはご愛嬌です(笑)。
f0107517_19132125.jpg


手前味噌ですが、すごくうまいです。
清酒にもビールにも、ワインにもあう感じです。
ぜひ作ってみて下さい。
ただ、今の季節は痛みやすいので気をつけて調理して下さいね。

PS やはりカルパッチョではなくマリネでしょうね。
[PR]
by caymmi1 | 2009-08-05 19:22 | 日々のおかず、料理

鰯のパスタ

今日、鰯が安く売っていました。
うーん何をしようかな?
そうだ、パスタを作ろう!
以外に鰯はトマトソースと相性が良いのです。
まず、ピーマン、しめじ、たまねぎ、ベーコンをトマトピューレとオリーブオイル
で炒めます。炒めたら塩胡椒をし、ボールに取っておきます。
鰯を手開きにして塩胡椒をし、オリーブオイルと酢に浸けておきます。
パスタを多めの塩でゆでておきます。
鰯を浸け汁から引き上げ小麦粉をまぶしてフライパンで炒めます。
ボールの具と茹でたパスタを合わせます。
鰯を皿にとりその上から合わせたパスタを盛りつけて、出来上がりです。

f0107517_19354580.jpg


盛り付けるときに皿を汚してしまいました。
鰯は浸け汁に入れなくても良いのですが、この方が味がなじみ、
さらに臭みもとれるようです。
鰯は今の季節は美味しいですが、夏は痛みやすいので気をつけましょう。
ほんとうにトマトソースにぴったりと合いますよ。
[PR]
by caymmi1 | 2009-08-04 19:41 | 日々のおかず、料理

今日の関東地方は暑かったですね。
先日に引き続き調子に乗って
今度は鰺のなめろう、酢味噌風味を作ってみました。
今、関東地方は鰺がたいへんお求めやすいです。
作り方はいたって簡単です。
鰺を三枚におろし、
酢と塩でしめて、
鰺を削ぎ切りにして、
ねぎと味噌、しめた酢の残りをかけて、
食べる時に混ぜて頂きます。

f0107517_18173655.jpg


夏にぴったりです。
どうぞお試しください。
[PR]
by caymmi1 | 2009-07-07 18:18 | 日々のおかず、料理

蒸し鶏のチリソース

関東地方はここのところ連日すっきりしない天気です。
そのわりには蒸し暑いです。
そこで、

f0107517_1043335.jpg


蒸し鶏ときゅうりとシソと、それと胡麻ドレッシングとチリソース
で和えてみました。
チリソースといってもタイ風のあまいやつです。
冷えたうどんにかけてもよいですし、
もちろんそのままでも良いです。
ビールが進むことうけあいです。
食欲がなくてもいけますよ。あ、胡麻ドレッシングはノンオイルの
安いやつで充分ですよ。
あいかわらず盛り付けがおおざっぱですが、ご勘弁を。
[PR]
by caymmi1 | 2009-07-06 10:11 | 日々のおかず、料理

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30