カテゴリ:ブラジル音楽( 117 )

今はパラリンピックが絶賛開催中ですが、なんだかもうすっかり昔のことのようです??
さてさて、今回のリオ オリンピックのキャラクターは「トムとヴィニシウス」で、アントニオ・カルロス・ジョビンとヴィニシウス・ジ・モライスのことだったようです。
そこで思い出されるのは、ご存知かもしれませんが「イパネマの娘」です。
ジョアン・ジルベルトのものも良いのですが、シナトラのものも良いですね。



ほんとにシナトラって表現力が豊かな人だと思います。

次はヴィニシウスのことについてまた書きますね。
[PR]
by caymmi1 | 2016-09-17 12:31 | ブラジル音楽

もうオリンピックも終わってしまいましたが、いまさらながら開会式のことを書くのを、
お許し下さい??
まず、映像の使い方がすごく上手だなと思いました。
まあ、演出が映画監督の方なので、当たり前かも知れませんね。
感心したのは、パウリーニョ・ダ・ヴィオラが国家を歌っていた事でした。



なんだかはっきりわかりませんが、歌はパウリーニョみたいです。

他にもたくさんアーティストが出ていましたので、また書きますね。
しかし今度のオリンピックは日本人の選手はよく頑張りましたね。
[PR]
by caymmi1 | 2016-08-27 12:57 | ブラジル音楽

いよいよリオ五輪

いよいリオデジャネイロオリンピックが始まりますが、
正直言ってあまり関心がありませんでした。
しかし、開会式で誰がどんなアーティストがパフォーマンスを見せてくれるのかな。
なんだかそれが楽しみなんです。
後でまた感想を述べます。
[PR]
by caymmi1 | 2016-08-06 07:57 | ブラジル音楽

monobloco

昨日、monoblocoという現代ブラジルを代表する?(自分ではそう思っている)音楽のグループを大河原町に聴きに行きました。
もう10年前くらいから聴きたいと思っていたのですが、今回実現しました。
おぢさんばっかりのグループなんですが、打楽器のテクニックは超一流なんです。
あ、9/13日東京は池袋のイベントに17:30から出演するみたいです。

宮城のイベントは宮城県の南部大河原町で開催されたのです。
えずこホールで行われました。
最初は盛り上がるのかなあ
と思いましたが、なんのなんの。
すごく盛り上がりましたね。
聴いたあと、じわじわと感動がこみあげてきました。
なんか、長生きすると良いことあるんだろうか?
ッて思いました。

今日はなんだか興奮してます。
ちゃんとしたレビューはまたあとで。



[PR]
by caymmi1 | 2015-09-09 11:54 | ブラジル音楽

もう7月

6月は色々なことが重なり、とても忙しい月でした。
7月になったら少しは暇が出来るかもしれません。
というわけで7月に期待しましょう。
[PR]
by caymmi1 | 2014-06-30 22:58 | ブラジル音楽

お久しぶりです。

皆様お久しぶりです。
この4月は父が入院しまして、とても忙しくしてしまい、
ブログもついついご無沙汰してしまいました。
気がつけば花も散ってしまいましたね。
さてさて、マリア ヒタが久々に新作でサンバを歌っています。




なんだかしみじみとした良いサンバですね。
こういうの好きです。
[PR]
by caymmi1 | 2014-04-30 05:16 | ブラジル音楽

最近のお気に入り。

最近、なかなか音楽を聴くゆとりが無い生活を送っているのですが、
なんだか心に染みるような音楽を見つけました。

Maria Gadúと言うまだ若い歌手なんですが、
元々はAdoniran BarbosaのTren Das Onze邦題は「11時の夜汽車」
という曲を歌っています。
2009年にデビューした若手の歌い手ですが、
なかなかの表現力だと思います。
また、共演しているcaetano も素晴らしいですね。
ちゃんとCDを買おうかなって思っています。



[PR]
by caymmi1 | 2014-03-31 05:41 | ブラジル音楽

フランク・シナトラ

本当は5月中にアップする予定だったのですが、5月はフランシス アルバート シナトラ
(Francis Albert Sinatra)の
亡くなった月でした。
アメリカが生んだ偉大なるミュージシャンの一人です。
特にこの人がすごいなあと思うのは、ボサノヴァを全く自分の音楽にしてしまっていることです。
1967年にジョビンと一緒にテレビのショーに出演しているのですが、
シナトラは英語、ジョビンはポルトガル語で歌っています。
それでも破綻しないのはやはりシナトラならではの表現力でしょう。



これだけの歌手はもうあらわれるのでしょうか?
僕が生きているうちは現れないのかも知れませんね。
[PR]
by caymmi1 | 2013-06-08 19:08 | ブラジル音楽

皆様あけましておめでとうございます。
今年は初日の出も見られたし、白鳥の編隊飛行
もウチで見られました。なにか良いことあるかも(笑)。
さてさて、去年のブラジルディスク大賞のことなんですが、
1位はマリーザ・モンチでした。

O QUE VOCÊ QUER SABER DE VERDADE(あなたが本当に知りたいこと)



やはりさすがですね〜。もう風格すら漂っているように思います。
リオのオリンピックでは、やはり歌うのでしょうか?

それと、5位でしたが、アドリアーナ カルカニョトが僕的には良かったですね。



MICRÓBIO VIVO(微生物ライブ?これは昨年度1位だった"O Micróbio do Samba"
のライブ版なのでこういうタイトルらしいです。)
ちょっと古風な感じがしますが、僕の心にはなんか響きますねー。
これから、この二人チェックしていきたいと思います。
[PR]
by caymmi1 | 2013-01-04 15:38 | ブラジル音楽

暑い!

今日の仙台は非常に蒸し暑いです!
もっとも他の地方の方に比べれば大したことは
ないのかも知れません(笑)。
で、思い浮かべたのがこのレコードのジャケット。
ジルベルト ジルが1974年にリリースした「ナイチンゲール」
というアルバムです。



いかにも「暑い!」っていう感じのジャケットだと思います。
曲は「sarara」です。もー説明するのもメンドーですが夏向き
の爽やかな感じがするレゲエですね。
今日はそうめんをずるずると食べて、しろくま食べて寝ちゃおう!
[PR]
by caymmi1 | 2012-07-17 15:26 | ブラジル音楽

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31