絵本

僕は、昔から谷川俊太郎さんの詩が好きだったのですが、
子供が小さいころ、
故タイガー立石さんが絵を描かれた
「ままです すきです すてきです」という絵本を
偶然にみつけました。
この絵本は絵が大人から見ると不気味なんです。
内容は単純にしりとりなんですが、
一節に「おにに にあう うさぎのえりまき」というのがありまして、
この絵本の世界が鬼たちの住む世界になっています。
それで不気味なんですね。
子供はとてもよろこんでいましたし、
僕は読み聞かせているうちにすっかり覚えてしまいました。
しりとりなのにストーリーがあるという不思議な絵本です。
子供が小さいころは、ほとんど毎日のように、
絵本や物語を読み聞かせをしていました。
また、声に出して読むということは大人にとっても楽しいひと時でした。
小学生の低学年になったころこんどは「エルマーのぼうけん」
にはまってしまい、毎日、必ず読まされました。
そのうち自分で読むようになりましたが。
子供は面白いもので、わかっているお話を何度でも聞きたがりますね。
面白いものです。
そろそろ読書の秋ですが、たまに大人も絵本を読んでみたらいかがでしょう? 

エルマーのぼうけん ルース スタイルス ガネット作 渡辺茂男訳 福音館書店
f0107517_7581299.jpg



ままです すきです すてきです 谷川俊太郎作 タイガー立石絵 福音館書店
f0107517_83515.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2008-09-19 08:10 | 雑感

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30