宮城県美術館について

先日、東京の美術館をいくつか回りましたが、
宮城県美術館には特徴があります。バウハウスの主要な作家、教授だったワシリー・カンディンスキーオスカー・シュレンマーパウル・クレーなど、ヴァイマール共和国時代、
現代のデザインや建築に大きな影響を与えた作家や、オスカー・ココシュカヨハネス・イッテンなどのヨーロッパの重要な作家の作品が
収蔵されています。
けっして派手ではありませんが、良い作品がそろっています。
デザインなどを学ぶ人にとっては良い勉強になるでしょう。
また、なんといっても
州之内コレクションです。
気まぐれ美術館で知られる彼のコレクションは今でも高い人気をほこり、
NHKやテレビ東京の美術番組でもたびたびとりあげられています。
個人的なコレクションをそっくり美術館がひきうけるというのはなかなか
無いことですが、それくらい価値(お金だけではなく)があるということですね。
今、宮城県美術館は休館中ですが、再開したらぜひ訪れてみてはいかがでしょう。
[PR]
by caymmi1 | 2007-12-18 22:27 | 音楽一般

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31