CDを買いました。「Luiz Eça & Cordas」

久々にCDを買いました。TAMBA TRIOで有名な、
ルイス・エサ(Luiz Eça)のストリングスを付けたブラジルには
珍しいインスツルメンタル盤です。
メンバーはベベート(b,f)、オアーナ(ds)、ネコ(g)にピアノがルイスです。
内容はさすが!の一言です。ストリングスを多用しているのですが、
必要以上に甘くならず。ぴりっと締まった音になっています。
またこのCDの原盤は1965年なのですが、このとき新人だったEdu Loboの曲
を取り上げています。これは「大地の歌」、「シェガンサ」ですがピアノの音が
Eduの曲の雰囲気をうまく表現しています。
今回、初のCD化ということだったのですが、とても満足ですね。
それから、ユニバーサルが原因なのかどうかわかりませんが、
1970年ELENCO原盤で2006年にボンバレコードからでたCD「PIANO E CORDAS vol2」とネット上で混同されているようです。
両者は別物なので、注意が必要です。

ユニバーサルUICY-6866 「Luiz Eça&Cordas」


f0107517_10235330.jpg



残念ながら試聴できるサイトは見つかりませんでした。
[PR]
by caymmi1 | 2007-08-12 10:49 | ブラジル音楽

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30