マリーザ・モンチのこと

今年5月に、マリーザ・モンチが来日します。
マリーザは1967年リオ生まれ。
お父さんが、有名エスコーラのポルテーラの役員を務めており、
音楽にかこまれて育った彼女は18になると、
オペラを学びにイタリアへ渡ります。
ブラジルへ帰国後は小さなバールやクラブで歌っていましたが、
やがてオデオンのプロデューサーの目にとまり「Marisa Monte」
というアルバムを発表します。
また1991年には「Mais」をリリースします。
これはプロデュースがアート・リンゼイ、キーボードに坂本龍一、
パーカーションにナナ・ヴァスコンセロス、アルマンド・マルサルが参加しています。
ブラジルの古典に斬新なアレンジを施したこれらの曲をひっさげ、
92年初来日を果たしました。
1996年には「A Great Noise」を発表しました。
メキシコの詩人オクタビオ・パスの詩に曲をつけたものや、
ジルベルト・ジルの「電脳」、カエターノの「パンとサーカス」、
パウリーニョ・ダ・ヴィオーラの「孤独のダンス」などの曲が入っています。
ガル・コスタに声がにていますが、押し付けがましくなく表現があっさりし、
それでいてコクと味わいがあります。
上等の懐石料理のような味わいですね。
5月29.30日 渋谷文化村オーチャードホールにてライブがおこなわれます。
なおインタヴューがUPされています。
「ポケブラス」


二枚目のアルバム「Mais」また再発されているようです。
f0107517_10443619.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2007-04-20 10:47 | ブラジル音楽

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30