TavaresさんとYukikoさんのミックスダウンが届きました。

Gui TavaresさんとYukikoさんのミックスダウンが届きました。今回レヴューを書けということで、四苦八苦しています。曲目は、

Alen do mais (詩 Lysias Enio 曲 Gui Tavares)

Flores e bombous (詩 Lysias Enio 曲 Gui Tavares &Yukiko)

Desejo(詞 Alexsandore Lima Yukiko 曲 Gui Tavares)

Filha do chuva(詞 Gui Tavares 曲 Gui Tavares)

Alma Tropical(詞 Gui Tavares 曲 Gui Tavares)

以上5曲なんですが、一見するとMPBなんですが、随所に日本語の歌詞が効果的に使われており、新しいブラジルと日本との関係を彷彿とさせる内容になっています。
そして、アレンジが素晴らしく、東京のリズム感に完全にマッチしています。
しかしそれでもなお、独特のエスニック感がけして失われる事はなく、ブラジルと日本の幸福なマリッジで産まれた音楽と行って良いでしょう。特筆すべきは、リズム楽器の効果的な使用、ギターを使ったエンディング(天才的ですらある。)が特徴です。
日本語とポルトガル語の掛け合い。これはもはやMPBを超えています。
早く発売されることを希望します。それにしてもTavaresさん、どことなくカエターノにも似た美声ですし、Yukikoさんは声質が滑らかですが、独特の暖かさをもっています。ああ早くCDでないかな。ちなみに僕はAlem do maisが一番すきですね。
[PR]
by caymmi1 | 2006-11-12 09:48 | ブラジル音楽

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31