20歳の原点

本日は雨の休日でした。
そこでちょっと気になった美術展がありましたので、
平塚市美術館 「画家たちの二十歳の原点」という企画展示を見に行きました。

いやあ、行って良かったです。
なんというのか絵に力があるんです。
青木繁、長谷川りん二郎、佐伯祐三、三岸好太郎、草間弥生、松本竣介、石田徹也、
村山槐多、萬鉄五郎などなど。
これらの画家たちの10代後半から20代の作品は、
洗練はされていないのかも知れませんが、「描きたい!」という意欲が
絵に現れています。

うまく表現できませんが、エネルギーを頂きました。

ところで、もう一つ北大路魯山人展これも良かった!
ご存知かもしれませんが漫画「美味しんぼ」の海原雄山のモデルになった人物ですが、
1921年に「美食倶楽部」という会員制の料理店を開きます。
しかしどうしても気に入った「器」がありません。

たぐいまれな美意識を持った彼は40代になっていましたが、作陶を始めます。
たちまち素晴らしい作品を生み出し、それを料理に使って行きます。
今回は実際に料理を盛りつけした写真も展示されており、
とてもお腹が空きました(笑)。
この展覧会はもう一度行こうと思います。
[PR]
by caymmi1 | 2011-06-02 18:40 | 花 風景 旅 美術

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30