やはりMILES

やはり頭をしぼっても「トンコ〜」のアイデアは出てこないので、
今日もしつこくマイルスです。

巷で言われているモンクとの「喧嘩セッション」というのがあります。
ちょっと聴いてみてください。



1954年のプレスティッジの録音で「Miles Dabis and the Modern Jazz Giants」という
アルバムがあるのですが、その中の「The Man I Love (Take2)」という曲の
途中で、みなさんご存知だとは思いますが変人?の誉れ高い
セロニアス・モンクというピアニストとマイルスが喧嘩してる(風にきこえる)のです。
演奏を聴くとわかるのですが、演奏が始まって5分過ぎ、モンクのソロパートで、
彼が途中で演奏を止めてしまいます。そこで業を煮やしたマイルスがトランペットで
演奏を催促したというんです。で、とたんにびっくりしたようにモンクが演奏を始めるのですが、
前半のミルト・ジャクソンのまさに職人!という演奏と対比して、まあなんと気のない演奏なんでしょう!
そういう風に聴こえてしまいます。
でも、ひょっとするとモンクは必死だったのかも知れません。
ミルトの演奏がすばらしくバッキングをどうつけようかと悩んでいたのかも?と思います。
実はこれ、マイルスが俺のソロの時は演奏しなくて良いといったとかで、
実際には喧嘩ではないのだということです。

ちなみにマイルスはモンクの音楽性をとても高く買っていたそうです。
後に「Round About Midnight」というアルバムでモンクの作曲、ギル・エヴァンスの
編曲で表題の作品をとりあげています。

いかがでしたでしょう?名演奏家には面白いエピソードがつきものですね。
[PR]
by caymmi1 | 2010-10-13 12:46 | 音楽一般

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31