秋に聴く音楽 BIRTH OF THE COOL

さて、「トンコ」で煮詰まっていてもしょうがありません。
はてさて音楽でも聴こうか?で、秋だから枯葉、ビル・エヴァンス、マイルス
あーやはり帝王マイルスかあ〜と言うしょーもない連想ゲームです。

で選んだのがこちら
f0107517_8433184.jpg


1949年のキャピタルの録音で邦題は「クールの誕生」です。
このときマイルスは23歳、まだまだダンス音楽の色彩が強く残っていた
ビバップ全盛の時代です。昭和24年ですから日本では進駐軍のダンスパーティー
でスイングジャズかなんかやってた時代です。

マイルスはギル・エヴァンスというアレンジャーに出会い、いまやっているエネルギッシュな
しかし少々騒がしい「ビバップ」という小編成のジャズから新たな方向性を見つけました。
それがこの「クールの誕生 BIRTH OF THE COOL」です。それでは聴いて下さい。




実はジャッケットが違いますが、このアルバムはLPでの発売が1957年で、その頃の
ジャケットデザインみたいですね。
九重奏団という編成で、まるでビッグバンドみたいです。
そしてとても音楽的に洗練されていますね。
このアルバム、まるでスルメみたいに効いてきますよ。
ですから何回もお聴きくださいね。
僕が一番好きなのは1曲目の「MOVE」かな?
そして気に入ったらたまにはCDを買いましょう!(たぶん千円前後かな?)
損はしないはずですよー(笑)。

この時、ずいぶん白人系のミュージシャンをいれてマイルスは批判をうけたようですが、
そのときのコメント「俺は良いプレーヤーなら顔が緑色のやつだって雇うぜ。」
といったとか(どっかのサイトの受け売りですゴメンなさい。)。

秋の夜長にジャズはいかがですか?
[PR]
by caymmi1 | 2010-10-08 09:12 | 音楽一般

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31