投稿がずいぶん遅くなってしまいましたが、
すみませんちゃんと生きてます(笑)。
もうお彼岸というのに連日暑い日が続いていますね。
それでも虫たちはちゃんと秋仕様になってます。

さてさて秋といえば「芸術の秋」なんてことをいいまして、
秋に美術展を見に行くという人は多いのではないでしょうか?

それじゃその芸術なんてなんだろう?という話になるんですが、
僕が思うに芸術は必ずしも「美しい」わけじゃないんですね。
絵画なり彫刻なりで人の心に衝撃を与えそれでもって人の情感や
物の見方を変えてしまうもの。そんな風に考えています。

骨董とは違い必ずしも「芸術」はお金に換算出来る物じゃないですね。
すばらしい芸術作品であってもだれも買わないし買えないものもありますし。
「芸術」って美しい物はたしかに多いですが、悲惨な印象を与えるものもありますしね。

先日、田中一村展を見に行ったとき特にそう思いました。
あのアダンと海の風景は他の誰も描かなかった、いや描けなかったもの
でしょう。あの幻想的でしかもマテリアルが正確に描写されている絵画は
他のだれもまね出来ないものだと思います。(もしかして他にいるかも?)

良く彼の絵画を日本のルソーとか言う人もいらっしゃいますが、
全く違います。精緻な描写から生まれてくる表現はむしろダリとかに近い
ような気もしますが、描写はそうであっても表現する世界が違いますしね。
もうそろそろ日本の〜という形容の仕方は止してほしいです。

今の日本の様に変革期に差しかかってきたとき、美術や芸術もそれに
ふさわしいものがでてくるのだと思います。
そして見たり触れたりして考えたり感じたりすれば良いのだと思います。

およそ芸術とは言えませんが少し寂しいので写真を張っておきます。

f0107517_9234082.jpg



さて、そろそろ「トンコ〜」を再開しようと思っています。
どうかよろしく〜。
[PR]
by caymmi1 | 2010-09-22 09:25 | 花 風景 旅 美術

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31