ブリヂストン美術館

普段はあまりブリヂストン美術館のような私設美術館には行かないのですが、
本日は東京駅方面に用事があったので行って来ました。

最近は印象派の絵は見なくなったのですが、それでもやはり久々に見るとよいものだなあと
素直に思いました。
ルノアールの「座るシャルパンティエ嬢」はやはり可愛かったですねえ。
ちょっと少女趣味かな(笑)?ご心配なく、そちら方面の趣味はございませんので。

しかし印象派も良いのですが、パブロ・ピカソの造形力には感心しました。
普段、写真ばかり撮っていると、どれが良くてどれが悪いかわからなくなってしまいます。

たまに絵を見るということも大事だなあと思いました。
僕が一番好きな油絵はポール・デルヴォーの絵なんですが、もう一つ宮城県美術館
に収蔵されている。「ポアソニエール」が好きですね。

あまり適当な画像がないのですが、これは2005年に出た宮城県美術館のガイドブックです。


f0107517_03269.jpg


ついでにこれも今平塚市美術館でこの猫と会えるみたいです。

f0107517_0364439.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2010-05-20 00:37 | 花 風景 旅 美術

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31