今様

鎌倉を語るとき、源義経の存在は欠かせません。
静御前は義経の愛妾でありますが、
いわゆる「白拍子」という男装で芸能を行う女性あるいは若年の男性でした。
歌舞伎に連なる彼女らは、「今様」という自分の心情を表現した
歌と踊りを演技していました。

義経が頼朝の怒りを買い、逃避行の最中、静御前は吉野で捕らえられました。
鎌倉に護送された静御前は、頼朝から鶴岡八幡宮へ
奉納の舞を踊るように命令をうけました。

大観衆で埋まった八幡宮の舞台で静御前は、愛する義経を思い、

しずやしず しずのおだまきくりかえし
昔を今になすそしもながな
吉野山 峰の白雪ふみわけて いりにし人のあとぞ恋しき

社殿には頼朝と北条政子がそろってこの静の舞を見入っていた。
しかし頼朝は公然と義経への心情を歌った静御前に激怒しました。

しかし政子はそんな頼朝に、
「石橋山の合戦に破れてあなたの行方がしれないとき私はとても心配しました。
今の静も同じ事です。どうか舞を褒めて下さい。」といい、
頼朝をとりなしました。政子も夫の頼朝を熱愛し、
父の意思に背いて頼朝のもとへ奔った女性だったのです。

頼朝の生まれた西国では多数の女性と関係することが当たり前だったのに、
東国では一夫一婦制といって良いかもしれません。
政子の歴史上の評価は芳しくはなく、「尼将軍」などと呼ばれています。
政子は公的にも私的にも夫と行動をともにしていたといいます。

これ以降、静と政子とは親しく交際したが、静が義経の子を出産し、
しかも男児だったことから、由比が浜に子供は捨てられました。
政子がとりなしたがこれは聞き入れられなかったといいます。

由比ケ浜からはおびただしい数の人骨が発掘されました。
理由はよくわからないがある時点からこの浜は遺体捨て場になったようです。

東国の女性たちは気性も強かったが、積極的に人を愛し、
自己主張も激しかったようですね。ただし、この話は「吾妻鏡」にしか
出てこない話だといいます。「吾妻鏡」は鎌倉幕府の公式歴史書です。
ひょっとすると政子の偉大さを後世につたえるための
創作かもしれないとの説もあります。

いずれにせよ自分の矜持を貫いた愛の物語と言えましょう。

上村松園 「静」

f0107517_1934790.jpg

[PR]
by caymmi1 | 2010-04-20 19:04 | 歴史

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31