譜面について。

以前の記事で音楽の表現で感じたことですが、
ゴールドベルク変奏曲の演奏を比べたとき、
演奏時間がそれぞれ違うことを実感しました。
以前はあまり気にもしていませんでしたが、
譜面そのものを考えると(あくまで素人考え)、
音程はともかくとして、テンポはどうなんだろう?
と思ってしまいました。
もちろん、オーケストラでテンポがバラバラだったらどうしようもありません。
しかしオケの人達のなかで合えば良いのです。
表現の問題なので、指揮者の解釈の問題ですよね。(少し極論かもしれない)
機械設計図のようなものでは、精度にもよりますが、
それこそ正確に組上げないと動きません。
これだって玩具みたいなものは、たいした精度はいりません。
なにを言いたいのかというと、
現在の譜面はある意味不完全だということです。
西欧のいわゆるクラシックならば、ほぼ正確(自信があまりない)に再現
できるのでしょうが、アジアやアフリカ起原の音楽についてどれだけ
再現ができるのだろう?と思います。
ただ、今はCDやデジタルオーディオプレイヤーなどで
演奏を聴いているので、譜面をその音楽の表現方法にある意味
翻訳して演奏しているので問題はあまりないのだと考えます。
技術論的にいえば、たしかに譜面の通り演奏することが求められます。
正確に演奏しないとハーモニーになりませんよね。
僕は譜面をまともに勉強したことがありませんので、
一人よがりの考えなのかも知れませんが、
様々な音楽を聴いて思ったことです。



ずっとまえにこのガーナのコギリ(アフリカの木琴)をこの動画のお父さん
のカクラバ・ロビさんの演奏で聴きました。この方はテンソさんで息子さんです。
残念ですがお父さんの演奏の動画はありませんでした。
テンソさんは今、日本にいて演奏活動をされているようです。
世界には様々な音楽があふれていますね。
今使っている譜面はとてもよく考えられ、とても便利です。
しかしそこに音楽そのものがあるわけではありません。
楽しみ、かつその音楽に注意深く接することが大事だと思います。
[PR]
by caymmi1 | 2009-05-24 14:14 | 音楽一般

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31