音楽の力

日本大学カザルスホールが来年3月に閉鎖されてしまうので、聴きに行こうと思い、スケジュールを調べました。
5月23日の日程に中世音楽合唱団の定期演奏会がありまして、指揮者が皆川達夫とありました。
学生時代、混声合唱をやっていたとき合唱コンクールのお手伝いをしたことがあり、
そのとき審査員をやられていて「ごくろうさま」とねぎらいの言葉をかけていただきました。
いまでもNHKラジオの「バロック音楽の楽しみ」という番組をやられていますので
ご存じの方も多いと思います。
先生は中世のルネサンス音楽の研究者で知られ、また合唱の指揮者としても高名です。
僕も合唱団ではパレストリーナやグレゴリオ聖歌を歌い、すっかり好きになりました。
先生が研究を始めたころは日本でのルネサンス音楽の評価はとても低く、
苦労されたそうです。
さて先生が合唱の指導で長崎に行かれたとき、
かくれキリシタンの礼拝に出て「オラショ」という歌を聴き、もとはラテン語ではないだろうか
と思われ、それから四年をかけ調査したそうです。
ただ、どうしてもわからないものがありましたが、
とうとうそれがスペインの聖歌であることをつきとめられたそうです。
先生はキリシタンたちが400年ものあいだ命をかけて歌い継がれてきたことに
感激したそうです。
まさに音楽には力があると僕は思います。

あまり適当なものが無くてごめんなさい。雰囲気だけでも感じてください。
23日にはカザルスホールへ行こうと思います。
[PR]
by caymmi1 | 2009-05-17 20:28 | 音楽一般

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31