音楽の表現 1

先日、プー横丁に行った時、
ひょんな事から、マスターとグレン・グールド(Glenn Herbert Gould)の話に
なりました。J.S.BACHの作品では、あまり演奏する人がいませんが、
カナダ人ピアニストのグレン・グールドが1955年と1981年にピアノで演奏したことで
一気に有名になった、ゴールドベルク変奏曲の演奏がマスターは好きだとのことです。
また、グールド以外の演奏はあまり聴いたことがないとのことでしたので、
僕もあまり詳しくはありませんが、参考のためYoutubeで探してみました。

まず、1981年のグールドの演奏です。



いかがでしたでしょう?次に、別な人のピアノによる演奏です。



このかたはダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim)さんです。
今年のニューイヤーコンサートで指揮をされた、ピアニスト兼指揮者です。
最近ではパリ管やシカゴ交響楽団の指揮者として有名です。
さて、バレンボイムさんの演奏も素晴らしいですが、グールドの演奏は、
僕にはより内省的に聴こえます。
クラシックの場合は同じ譜面でも解釈の違いでこのように表現がだいぶ
変わってきます。
他のポピュラー音楽ではカヴァーということになるんでしょうが、
その場合はアレンジを変えて表現することが多いと思います。
ちなみにバッハの時代にはピアノはありません。
もともとチェンバロのためにこの曲はつくられました。参考までにチェンバロでの
演奏を貼付けておきます。



Pierre Hantaïというフランス人の演奏家です。ちなみにピエール・アンタイと
読みます。ヘンタイじゃありません。

これの演奏もまたがらりと印象が違うと思います。
このように楽器が違うと表現も印象も全然違うものになります。
音楽の楽しみのひとつですね。
[PR]
by caymmi1 | 2009-02-18 12:44 | 音楽一般

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31