平櫛田中彫刻美術館

今日の東京地方は暖かでした。
そこで近くにある平櫛田中彫刻美術館に梅を撮りに行きました。
平櫛田中(ひらくしでんちゅう)の美術館なのですが、
僕はたしか小学校のとき百科事典を両親から買ってもらったんですが、
そのとき6代目尾上菊五郎の「鏡獅子」の写真を見て強烈な印象を
受けました。
今、国立劇場に永久貸与されている平櫛田中の作品は当初国が2億円で買い取ろう
という話があったのですが、田中はそれでは菊五郎に合わせる顔が無いということで
永久貸与ということになったのだそうです。この作品は完成まで20年かかり、その間
に尾上菊五郎は亡くなってしまいました。
なんと今なら約60億円の価値だと言う事です。

f0107517_20452469.jpg




平櫛田中は96歳のときに小平市に居をかまえました。
そしてなんと108歳まで生きた人です。
生前に住んだ所が今美術館になっています。
田中は岡山は伊原市の出身の方で、田中美術館という伊原市にも美術館があります。
もともとは田中は人形師だったのでが、
それが岡倉天心と会い、木彫の彫刻に転進したということです。
ここの梅が五分咲きだとのことで、今日はお邪魔しました。


f0107517_2127213.jpg


f0107517_21274296.jpg


f0107517_21282845.jpg


f0107517_21285811.jpg


f0107517_21294938.jpg


f0107517_21303838.jpg


f0107517_21311262.jpg


f0107517_21313852.jpg


およそ東京とは思えない閑静な場所にあります。
今日は田中の作になる雛人形も飾ってありました。
ここは地味ですが訪れて損はないところです。
ぜひ一度お寄り下さい。
[PR]
by caymmi1 | 2009-02-14 21:32 | 花 風景 旅 美術

ブラジル音楽中心の雑感
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31